【香川県の発展の歴史】生駒騒動から平賀源内、パートナーシップ制度まで! 高松城→栗林公園→讃岐うどん→高松中央商店街→瀬戸内海鮮→骨付鳥→スペインバル!

◼️高松藩 藩主が生駒家から松平家に交代した理由は『生駒騒動』

◼️生駒騒動

◼️讃岐屈指の奇才 平賀源内が通った陰間茶屋と著書 『江戸男色細見-菊の園-』、『男色評判記-男色品定-』

料金は非常に高額で、庶民に手の出せるものではなかった。平賀源内が陰間茶屋や男色案内書とでもいうべく『江戸男色細見-菊の園-』、『男色評判記-男色品定-』を出しており、それによれば一刻(2時間)で1分(4分の1両)、一日買い切りで3両、外に連れ出すときは1両3分~2両がかかった。ちなみに江戸中期における1両は現在の5~10万円相当とされる。

◼️高松中央商店街。常磐稲荷神社横の映画館 ロッポニカ。

◼️琴平電鉄のポスター

◼️香川県パートナーシップ制度開始

https://www.pref.kagawa.lg.jp/dowaseisaku/lgbt/partnership.html

◼️サンフランシスコのカストロ通り

◼️高松城→栗林公園→讃岐うどん→高松中央商店街→瀬戸内海鮮→骨付鳥→スペインバル

◼️2024/4/4

高松城→琴電→栗林公園→讃岐うどん→高松中央商店街→瀬戸内海鮮→骨付鳥→スペイン・バル

◼️高松城 天守閣跡。高松城外観の写真はイギリスで見つかったが、城内部の写真は未発見。捜索中。外観、内部構造が分かれば天守閣復興が実現も⁉︎

画像

◼️高松城は水城。瀬戸内海に隣接しており、堀内はタイやブリなどの海水魚が泳ぐ。観光客がエサをやるのでアブラがよくのっている。

画像

◼️高松城内の桜

画像

◼️栗林公園近くの讃岐うどん店 上原屋本店

画像

◼️栗林公園。桜のシーズンということもあり、外国人観光客も多かった😃

画像

◼️一度はヘルペスで全滅した鯉。寄付金がすぐに集まり、復活!

画像

画像

画像

画像

◼️茶屋でさぬきビール。時期的に鯉の餌やりはやっていなかった💦

画像

◼️栗林公園内 最高のフォトスポット 
飛来峰(ひらいほう)

画像
画像
画像

◼️栗林動物園跡地

画像

◼️高松中央商店街田町の琴平神社

軒下の象

画像

◼️祭神は出雲系国津神 大物主 (出雲王国8代副王 事代主)、龍神、蛇神

画像

◼️常磐稲荷神社

昭和59年の寄進者、ジャスコの名前がある。

画像

◼️常磐稲荷神社横の映画館 ロッポニカ。成人映画を上映中。

◼️瀬戸内海鮮 とといち

画像

◼️仁尾港のタイ、ブリ、サザエ、モンゴウイカ、カツオタタキ

画像

◼️兵庫町の寄鳥味鳥

骨付鳥

画像

画像

画像

◼️丸亀町 スペインバル

画像

◼️丸亀町。高松中央商店街のアーケード街は2.7Kmと日本一の長さ。直線距離のアーケード街日本一は大阪の天神橋筋商店街。

画像

画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です