ABOUT BIZCONSUL OFFICE

ビズコンサル オフィス

INBOUND: インバウンド対策コンサルティング / 通訳ガイドサービス

●OUTBOUND: 貿易コンサルティング

HR DEVELOPMENT: グローバル人材育成 / 英語研修 / 英語コーチング

Bizconsul Office 事業内容:
・貿易取引、海外ビジネスに関するコンサルタント業

・インバウンド対策に関するコンサルタント業

・通訳ガイドサービスの提供

・英語研修 / 英語コーチング サービスの提供

行政機関事業向けのコンサルティング、研修講師、通訳案内士の実績例 :
◆香川県 瀬戸内国際芸術祭実行委員会主催 瀬戸内国際芸術祭2019 公式ツアー
・オフィシャルツアーガイド (英語、中国語、日本語)を務める

◆香川県 交流推進部観光振興課主催 香川県・徳島県・高知県広域連携事業「タイ旅行会社等ファムツアー企画及び運営業務」 台湾/香港人インフルエンサーがレンタカーで廻る高知・香川 FAMツアー 
・通訳案内士を務める

◆四国運輸局直轄事業 四国エリアにおける訪日外国人レンタカー利用者向け交通安全情報等の調査事業
・有識者として参加 (インバウンド対策コンサルティング)

◆観光庁主催 地域の観光人材のインバウンド対応能力強化研修
・1級講師として認定 (香川県で3名)
善通寺市役所にて登壇
高知城ホールでの研修に事業説明員として参加

◆四国運輸局事業  四国東部エリアにおける遍路文化とストーリーで繋がるアドベンチャーツーリズムの体験型観光コンテンツ・モデルツアー造成及びコーディネータ・ガイド育成事業の意見交換会参加

香川県国際観光推進室主催 香川せとうち地域通訳案内士対象 インバウンド講師養成研修にて模擬授業実技試験の面接官を務める

観光庁主催 地域の観光人材のインバウンド対応能力強化研修
・愛媛県西予市にて1級認定講師として登壇


●その他のインバウンド関連活動:

NPO法人こえびネットワークが運営するボランティア団体にて、瀬戸内国際芸術祭のアート作品製作/メインテナンスサポート及び瀬戸内の島々におけるボランティア活動参加中

瀬戸内国際芸術祭2022 及び Art Setouchi に向けての研修会/ワークショップに参加

四国運輸局事業 インバウンド向け アドベンチャーツアー・コーディネーターガイド養成講座に参加

せとうち観光推進機構事業 ガイド育成講座実地研修2022 (鬼無町、直島、小豆島) に参加

●Bizconsul Office 代表プロフィール 
森 啓成 (モリヨシナリ)

・エレクトロニクス企業 → 外資系商社 副社長 → Bizconsul Office代表


【観光x ITx英語x中国語x貿易→地方創生】


神戸市生まれ、香川県育ち

米国 Southern Oregon University 経営学部にてマーケティング専攻

エレクトロニクス業界にて20年間、海外販売拡大事業に携わった後、中国、香港にて外資系商社設立に参画、副社長を経て顧問。

その間、米国に2年、シンガポールに2年、中国に12年間滞在。

現在、香川県にて地域活性化の一助になればとの想いで、海外ビジネスコンサルタント (企業顧問・貿易・インバウンド対策)、英語コーチ、通訳案内士 (英語・中国語)、トリリンガル讃岐PRオフィサー として活動中。


◆インバウンド対策コンサルタント (観光庁認定インバウンド研修講師)

◆貿易コンサルタント(商社顧問 / 香港・中国にて貿易商社設立、経営参画 / 海外にて半導体営業 / 海外滞在: 米国2年、シンガポール2年、中国:12年)

◆通訳案内士 (英語 / 中国語 / トリリンガル讃岐PRオフィサー)

◆英語講師 (日本最大の英語 Q&Aサイト DMM英会話なんてuknow ?  公式アンカー及び Weblio英語辞書サイト質問箱の回答者、他)


●保有資格:

<観光 ・インバウンド関係>

・観光庁認定 総合旅行業務取扱管理者 国家資格

・観光庁認定 国内旅行業務取扱管理者 国家資格

・国内旅程管理主任者

・観光庁認定 インバウンド研修講師 (1級認定: 香川県で3名)

・認定せとうち島旅ガイド

・瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイド


<英語関係>

・観光庁認定 全国通訳案内士 国家資格 (英語)

・英検1級

・国連英検A級

・ビジネス英検 グレードA

・TESOL/TEFL (英語教授法)コース修了


<中国語関係>

・香川県認定 香川せとうち地域通訳案内士 (中国語)

・HSK6級


<貿易関係>

・貿易アカデミー認定 貿易実務講座修了

・JETRO主催 輸出入実務講座修了


<その他>

・日本赤十字社認定ベーシックライフサポーター

・香川県高松市消防局 救命講習修了

・観光庁事業 文化観光施設での通訳案内士によるガイド研修 修了


所属 :
四国遍路通訳ガイド協会 https://shikoku88guide.com


●登録:

観光庁認定 全国通訳案内士(英語) 香川県登録番号: 第EN00087号

・香川県認定 香川せとうち地域通訳案内士(中国語) 香川県登録番号: 第CH00001号


想い – 香川県の魅力を世界にアピールしていくお手伝い –


SNS、ブログ: フォローして頂ければ幸いです。

Twitter
インスタグラム
note
アメーバブログ
Youtube
Linkedin
リンクツリー


海外滞在歴:

・米国オレゴン州: 2年
・シンガポール: 2年
・中国 (上海、深セン、北京) : 計 12年
・ベルギー リエージュ: 1ヶ月

趣味

ブルースリーゆかりの地巡り
香川県の歴史上の謎を独自調査
・海外旅行 20ヵ国以上
・読書 人物伝
・安藤忠雄さん設計の建築物巡り
・神社仏閣巡り
・世界中の博物館、美術館巡り
昭和レトロ

Overseas Business Consultant

●BIZCONSUL OFFICEでは、インバウンド対策コンサルティング、貿易コンサルティング、通訳ガイド、英語研修に関するサービスを承っております。

ご質問、お問い合わせ等がございましたら、お気軽にこちらのフォームご連絡のほど宜しくお願い致します。

なぜ高松市の田村神社に八咫烏がいるのか? 御祭神は卑弥呼説のある倭迹迹日百襲姫! 出雲王家末裔の口伝書に伝わる百襲姫と八咫烏の関係とは? 記紀との相違点は? 卑弥呼の意外な正体は?

🟣香川県の一ノ宮 高松市にある田村神社の北側の鳥居をくぐって参道を歩いていくとすぐに八咫烏の像に遭遇する。

なぜこんなところにいきなり八咫烏の像を配置しているのか不思議に思うだろう。

八咫烏の像を通り越して少し歩くと田村神社の主祭神の倭迹迹日百襲姫と弟の吉備津彦命の像が目に入ってくる。

岡山での鬼退治をモチーフにした像である。鬼は温羅(うら)と呼ばれる百済から渡来してきた一族のことだ。

讃岐では、倭迹迹日百襲姫のもう一人の弟であるワカタケヒコが高松市の鬼無(きなし)と女木島(鬼ヶ島)で海賊を退治した鬼退治伝説が伝わる。

🟣【出雲王家口伝】「出雲王国とヤマト政権」 (大元出版)

出雲王家末裔の口伝

●出雲王家 登美家に伝わる口伝解説

●出雲王国の王家である登美家 末裔の口伝では、倭迹迹日百襲姫は、登美家の分家 太田家の娘であり、孝霊天皇の皇女ではない。 

記紀の記述とは異なり吉備津彦命とワカタケヒコは、倭迹迹日百襲姫の弟ではなく、父のフトニ大王 (孝霊天皇)と出雲に攻め入り出雲を降伏させたと伝わる。

出雲王家の口伝によると、倭迹迹日百襲姫の弟は、八咫烏と呼ばれた太田タネヒコとなっている。彼が三輪山の祭主となり、倭迹迹日百襲姫が巫女となり三輪山西部で祭りごとを行いヤマトに平和をもたらした。その事が魏志倭人伝にも書かれている。

太田タネヒコは、物部の九州からヤマトへの東征の時、大乱の世の中にあったヤマトを鎮めるため物部を利用しようと考え、和歌山から奈良へと案内し導いたため、八咫烏、トビ(登美家)の案内と呼ばれる。

物部の第一次東征は、倭迹迹日百襲姫の巫女的カリスマ性により、民衆の心を掴めず失敗に終わる。

その後、物部は、第二次東征では宇佐の豊玉姫、娘の豊姫(台与)を巫女としてヤマトに攻め入り東征に成功した。

↓ 田村神社の境内にあり違和感を覚える八咫烏の像の真の意味は、その隠された事実(倭迹迹日百襲姫と弟 八咫烏の太田タネヒコ)の関係を暗に表しているのかもしれない。

魏志倭人伝に書かれている卑弥呼は二人の巫女が融合して書かれている。

一人は箸墓古墳に眠る倭迹迹日百襲姫。

もう一人は、(香川県三木町の和爾賀波神社、鰐河神社と男木島に祀られる)豊玉姫。

豊玉姫は、大分県の宇佐家の娘で、物部氏と組み、ヤマトに攻めたが、奈良への途中、広島辺りで亡くなり、後に娘の豊姫(台与)が、ヤマトを治めた。豊玉姫の夫は、イニエ大王である崇神天皇。

●魏志倭人伝に見られる卑弥呼は、桜井市の出雲王家 登美家の分家の娘 倭迹迹日百襲姫と大分の宇佐家 豊玉姫が融合されて書かれている。

桜井市の三輪山の祭主が太田家の太田タネヒコ、姫巫女が、倭迹迹日百襲姫。

記紀には倭迹迹日百襲姫はフトニ大王(孝霊天皇)の娘とされているが、太田家の娘とある。

この姫巫女(ヒメミコ)が魏志倭人伝では「ヒミコ(卑弥呼)」と書かれた。

239年に魏へ使いを出して100枚の鏡を受け取った「邪馬台国」の卑弥呼は倭迹迹日百襲姫ではなく、宇佐家の豊玉姫。

太田家の領地は、纏向遺跡(まきむくいせき)と呼ばれている。倭迹迹日百襲姫は纏向遺跡に住んで祭りごとを行なった。