ABOUT BIZCONSUL OFFICE

ビズコンサル オフィス

INBOUND: インバウンド対策コンサルティング / 通訳ガイドサービス

●OUTBOUND: 貿易コンサルティング

HR DEVELOPMENT: グローバル人材育成 / 英語研修 / 英語コーチング

Bizconsul Office 事業内容:
・貿易取引 / 海外ビジネスに関するコンサルタント業

・インバウンド対策に関するコンサルタント業

・通訳ガイドサービスの提供

・英語研修 / 英語コーチング サービスの提供

行政機関向け事業のコンサルティング、研修講師、通訳案内士の実績例 :
https://bizconsul.net/2023/01/24/せとうちスルーガイド育成研修/◆香川県 瀬戸内国際芸術祭実行委員会主催 瀬戸内国際芸術祭2019 公式ツアー
・オフィシャルツアーガイド (英語、中国語、日本語)を務める

◆香川県 交流推進部観光振興課主催 香川県・徳島県・高知県広域連携事業「タイ旅行会社等ファムツアー企画及び運営業務」 台湾/香港人インフルエンサーがレンタカーで廻る高知・香川 FAMツアー 
・通訳案内士を務める

◆四国運輸局直轄事業 四国エリアにおける訪日外国人レンタカー利用者向け交通安全情報等の調査事業
・有識者として参加 (インバウンド対策コンサルティング)

◆観光庁主催 地域の観光人材のインバウンド対応能力強化研修
・1級講師として認定 (香川県で3名)
善通寺市役所にて登壇
高知城ホールでの研修に事業説明員として参加

◆四国運輸局事業  四国東部エリアにおける遍路文化とストーリーで繋がるアドベンチャーツーリズムの体験型観光コンテンツ・モデルツアー造成及びコーディネータ・ガイド育成事業の意見交換会参加

香川県国際観光推進室主催 香川せとうち地域通訳案内士対象 インバウンド講師養成研修にて模擬授業実技試験の面接官を務める

観光庁主催 地域の観光人材のインバウンド対応能力強化研修
・愛媛県西予市にて1級認定講師として登壇


●その他のインバウンド関連活動:

NPO法人こえびネットワークが運営するボランティア団体にて、瀬戸内国際芸術祭のアート作品製作/メインテナンスサポート及び瀬戸内の島々におけるボランティア活動参加中

瀬戸内国際芸術祭2022 及び Art Setouchi に向けての研修会/ワークショップに参加

四国運輸局事業 インバウンド向け アドベンチャーツアー・コーディネーターガイド養成講座に参加

せとうち観光推進機構事業 ガイド育成講座実地研修2022 (鬼無町、直島、小豆島) に参加

せとうち観光推進機構主催せとうちスルーガイド育成研修2023 (香川県: 栗林公園、琴平、愛媛県: 来島海峡展望館、内子町、大洲城) に参加

●Bizconsul Office 代表プロフィール 
森 啓成 (モリヨシナリ)

・エレクトロニクス企業 → 外資系商社 副社長 → Bizconsul Office代表


【観光x ITx英語x中国語x貿易→地方創生】


神戸市生まれ、香川県育ち

米国 Southern Oregon University 経営学部にてマーケティング専攻

一部上場エレクトロニクス企業にて20年間、海外市場における販売拡大事業に携わる。その後、中国、香港にて外資系商社設立に参画、副社長を経て顧問。

その間、米国に2年、シンガポールに2年、中国に12年間滞在。

現在、香川県にて地域活性化の一助になればとの想いで、海外ビジネスコンサルタント (企業顧問・貿易・インバウンド対策)、英語講師 / 英語コーチ、通訳案内士 (英語・中国語)、トリリンガル讃岐PRオフィサー として活動中。


◆インバウンド対策コンサルタント (観光庁認定インバウンド研修講師を務める)

◆貿易コンサルタント(商社顧問 / 香港・中国にて貿易商社設立、経営参画 / 海外にて半導体営業 / 海外滞在歴 : 米国2年、シンガポール2年、中国:12年)

◆通訳案内士 (英語 / 中国語 / トリリンガル讃岐PRオフィサー)

◆英語講師 (日本最大の英語 Q&Aサイト DMM英会話なんてuknow ?  の公式アンカー及び Weblio英語辞書サイト質問箱の回答者、他)


●保有資格:

<観光 ・インバウンド関係>

・観光庁認定 総合旅行業務取扱管理者 国家資格

・観光庁認定 国内旅行業務取扱管理者 国家資格

・国内旅程管理主任者

・観光庁認定 インバウンド研修講師 (1級認定: 香川県で3名)

・認定せとうち島旅ガイド

・瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイド


<英語関係>

・観光庁認定 全国通訳案内士 国家資格 (英語)

・英検1級

・国連英検A級

・ビジネス英検 グレードA

・TESOL (英語教授法)コース修了


<中国語関係>

・香川県認定 香川せとうち地域通訳案内士 (中国語)

・HSK6級


<貿易関係>

・貿易アカデミー認定 貿易実務講座修了

・JETRO主催 輸出入実務講座修了


<その他>

・日本赤十字社認定ベーシックライフサポーター

・香川県高松市消防局 救命講習修了

・観光庁事業 文化観光施設での通訳案内士によるガイド研修 修了


所属 :
四国遍路通訳ガイド協会 https://shikoku88guide.com


●登録:

観光庁認定 全国通訳案内士(英語) 香川県登録番号: 第EN00087号

・香川県認定 香川せとうち地域通訳案内士(中国語) 香川県登録番号: 第CH00001号


想い – 香川県の魅力を世界にアピールしていくお手伝い –


SNS、ブログ: フォローして頂ければ幸いです。

Twitter
インスタグラム
note
アメーバブログ
Youtube
Linkedin
Facebook
リンクツリー


海外滞在歴:

・米国オレゴン州: 2年
・シンガポール: 2年
・中国 (上海、深セン、北京) : 計 12年
・ベルギー リエージュ: 1ヶ月

趣味

ブルースリーゆかりの地巡り
香川県の歴史上の謎を独自調査
・海外旅行 20ヵ国以上
・読書 人物伝
・安藤忠雄さん設計の建築物巡り
・神社仏閣巡り
・世界中の博物館、美術館巡り
昭和レトロ

Overseas Business Consultant

●BIZCONSUL OFFICEでは、インバウンド対策コンサルティング、貿易コンサルティング、通訳ガイド、英語研修に関するサービスを承っております。

ご質問、お問い合わせ等がございましたら、お気軽にこちらのフォームご連絡のほど宜しくお願い致します。

日本最古の芝居小屋 香川県琴平町の金丸座 (国の重要文化財)とは?

◼️金丸座とは?

Wikipedia ↓

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/旧金毘羅大芝居

旧金毘羅大芝居(きゅうこんぴらおおしばい)は、香川県仲多度郡琴平町の金刀比羅宮・門前町にある、現存する中では日本最古の芝居小屋。

別名、金丸座(かなまるざ)とも呼ばれ、国の重要文化財の指定を受けている。

●歴史

古くから信仰を集める金刀比羅宮は、江戸時代には金毘羅講など多く参拝者を集め、門前町は琴平が朱印地・天領であることで取締も寛大で、様々な芝居、相撲、操り人形などの興行が行われた。

芝居の興行に仮り小屋がその都度建てられていた(年3回程度)が、当時の大坂道頓堀三座のひとつでもある大西芝居(一説には大阪にあった筑後座とも云われる)を参考にして、1835年(天保6年)に棟上げを行い、翌年完成する。

この金毘羅大芝居には江戸、大坂などの千両役者が舞台を踏み、全国にも知られた芝居小屋であり、また富くじの開札場としても使用された。

明治以降、稲荷座、千歳座、金丸座と名称が変わり、また地回りの芝居小屋や映画館(この際にかけすじが外される)と利用も移り変わった。

映画産業の斜陽に従い、廃館となったため長く廃屋のような状態となる。(場所は現在の位置より参道や金倉川に近かった。現在は琴平町立歴史民俗資料館が建てられている。)

1953年(昭和28年)11月に香川県の重要文化財として指定されるものの、熱心な復元運動も空しく、1964年(昭和39年)には指定を解除された。

しかし、芝居小屋として江戸末期の劇場建築を考える上で重要な建築物として再評価され、1970年(昭和45年)には国の重要文化財として指定を受けた。(この際に名称は旧金毘羅大芝居となった。)修復の必要性や火災などの恐れもあり、文化財として保存を図るために、1972年(昭和47年)には移築復元工事が開始され、1976年(昭和51年)3月に現在の位置(琴平町乙1241番地)へ竣工した。

この移築復元後に、二代目中村吉右衛門、五代目中村勘九郎、二代目澤村藤十郎がテレビ番組「すばらしき仲間」で上演を熱望するなど、上演の機運が高まり、1985年(昭和60年)に第一回の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が公演された。これより年1回、春の定期公演が行われるようになる。

2002年(平成14年)に建物の保存状態と耐震性能を調査を行った際に江戸時代にあった2つの仕掛けの痕跡が発見された。

これにより、2003年(平成15年)に開始されたこの「平成の大修復」では、2つの仕掛けの復元とともに、耐震補強に伴い4つの鉄柱が撤去され、天保時代の造りに近づく内装状態となった。

2003年(平成15年)に工事は完了し、この工事で撤去された鉄柱は記念モニュメントとして生まれ変わった。

●英語版Wikipedia ↓

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Konpira_Grand_Theatre

●入り口

There are three entrances into the building.

The ones on the left and right are of normal size, but the central entrance, called the “mouse door” (ねずみ木戸, nezumi kido), is quite small and requires one to crouch in order to enter.

This was an effective form of crowd control in the Edo period, and, along with armed guards, helped prevent anyone from entering without a ticket.[

 While the average commoner playgoer had to use this small nezumi kido, those associated with the Kanemitsu-in used the goyō kido on the right.

The large ōkido on the left was used by members of the samurai class, and others of importance.

●動画: 解説あり。JG 4K 香川 旧金毘羅大芝居 金丸座(重文) Kagawa,Kyu Konpira Oshibai Kanemaruza (Cultural Property)

https://m.youtube.com/watch?v=y1dZKalkJSU

「こんぴら歌舞伎」2023年も見送り 4年連続の中止の反応は 香川・琴平町

●耐震工事完了のニュース