山口敏太郎さんが謎の流浪の民 サンカ(山窩)について語る! サンカの謎に迫る! 徳島県での体験談!

🟣山口敏太郎さんとは?

山口 敏太郎(やまぐち びんたろう)

1966年7月20日 –

日本の作家、オカルト研究家

本名は間 敏幸(はざま としゆき)。

徳島県徳島市出身。

他に実業家、タレント、漫画原作者、YouTuberとしても活動している。

神奈川大学経済学部卒業、放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了。

株式会社山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。

🟣山口敏太郎さんへのインタビュー

https://www.fami-geki.com/kaiki/interview.php

🟣サンカ (山窩)とは?

サンカは、日本にかつて存在したとされる放浪民の集団である。日本の山地に住んでいたとされる。

その定義については後述のように激しく論争されてきた。呼称は日本の警察による便宜上のものであり、差別用語としても使われる。

●生活形態

定住することなく狩猟採集によって生活する。箕を生産することでも知られ、交易のために村々を訪れることもあった。

職業の区別もあり「ポン」と呼ばれるサンカは川漁、副業的な位置として竹細工などをしていた。また「ミナオシ」、「テンバ」と呼ばれるサンカは箕、かたわらささら、箒の製造、行商、修繕を主な収入源としていたとされる。

私的所有権を理解していなかったため、日本人の村人からは物を盗んだ、勝手に土地に侵入したと批難されることも多かった。

拠点(天幕、急ごしらえの小屋、自然の洞窟、古代の墳遺跡、寺等の軒先など)を回遊し生活しており、人別帳や戸籍に登録されないことが多かった。

サンカは明治期には全国で約20万人、昭和に入っても終戦直後に約1万人ほどいたと推定されているが、実際にはサンカの人口が正確に調べられたことはなく、以上の数値は推計に過ぎない。

日本語を使用するが、一部の単語では独特なサンカ語を使用する。

サンカから、歌手や漫才師などの芸能人、スポーツ選手、T首相などが出ていると言う話しを、サンカの子孫がしていた。

🟣サンカについて語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です