■香川せとうち地域通訳案内士試験 -面接試験で問われた36個のテーマとは?-

🔷面接試験で問われた36個のテーマとは?

2018年10月13日 or 14日に実施された面接試験(約10分間)のプレゼンテーション(約2分間)のテーマは下記の通りでした。

・ゼネラルトピックのテーマ(12個):

1、寺院

2、山門(三門)

3、密教

4、明王

5、神社

6、鳥居

7、和食

8、米と稲作

9、寿司

10、日本酒

11、醤油

12、お正月

・ローカルトピックのテーマ(24個):

1、栗林公園

2、高松の商店街

3、直島

4、屋島

5、四国村

6、根香寺

7、盆栽

8、金刀比羅宮

9、善通寺

10、丸亀城

11、丸亀うちわ

12、瀬戸内海

13、香川の魅力(食)

14、香川の魅力(観光地)

15、香川の土産

16、香川の現代アート

17、香川の気候

18、四国

19、四国霊場88か所

20、弘法大師

21、お接待

22、ため池

23、讃岐三白

24、讃岐うどん

 

🔷面接試験は全て受験外国語で行われます。まず30秒~1分間で自己紹介をします。

自己紹介の後、上記のテーマが書かれた計36枚のカードが机の上に伏せて置かれていますので、自分でランダムにゼネラルトピックの中から1枚、ローカルトピックの中から2枚を引きます。

そして引いた3枚のカードから自分で1つのテーマを選び30秒の準備のあと、2分間のプレゼンテーションをします。2分後、合図があり、結論を言います(30秒以内)。

その後、選んだテーマ及びその他の事項から5〜6分間の質疑応答がなされました。

 

<関連ページ>

⬛️香川せとうち地域通訳案内士 – 2019年度の募集時期や募集言語は? もう一度受験するならどう準備するか? 総まとめ記事 –

■香川せとうち地域通訳案内士 -面接試験の内容は?雰囲気は?体験レポート-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -役に立ったサイトと使用した参考書-

■香川せとうち地域通訳案内士登録に必要な書類とは?健康診断書の料金は?

■香川せとうち地域通訳案内士登録 -登録証受取りまでの流れと期間-

 

⬛️香川せとうち地域通訳案内士 -2018年度の合格率は? 資格をどう活かすか? 役に立つサイトは?-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -丸亀城-

■通訳案内士に関する記事一覧

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -盆栽-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -ため池-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -お接待-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -丸亀うちわ-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -香川の魅力(観光地)-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -高松の商店街-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -空海-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -直島-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -善通寺-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -金刀比羅宮-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -讃岐うどん-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -屋島&四国村-

■香川せとうち地域通訳案内士試験 -栗林公園-

 

 

通訳ガイドというおしごと (アルク はたらく×英語シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です