【タブー】応神天皇の息子である菟道稚郎子 (ウジノワキイラツコ) は、武内宿禰の息子の平群木菟 (へぐりのつく)に暗◯され、平群木菟がオオサザキとなり仁徳天皇となったのか? 平群木菟とオオサザキは同じ日に生まれた!

◼️応神天皇の息子である菟道稚郎子(ウジノワキイラツコ)は、武内宿禰の息子である平群木菟(へぐりのつく)により暗殺され、平群木菟がオオサザキとなり、仁徳天皇となったのか⁉︎

この応神天皇と仁徳天皇の関係は、古事記に記されている暗号を読み解くと応神天皇から仁徳天皇への移行には政権交代があり、仁徳天皇以降は倭の五王に続く平群王朝となる。平群王朝の乱れを平定する為に、東北の出雲族の血を引くオホド王(継体天皇、蘇我王朝)を天皇に立てた。この継体天皇の家系が現在まで続く天皇家となる。

◼️大仙陵

◼️平群木菟(ヘグリノツク)

武内宿禰の子で、平群氏およびその同族の祖とされる。

武内宿禰(たけうちのすくね)の子で,平群氏の始祖といわれる人物。〈ずく〉ともよぶ。

《日本書紀》によると,5世紀ごろ彼はしばしば百済(くだら),加羅(から)に派遣され,新羅とも交渉をもったという。

仁徳天皇の没後皇位継承争いがおきたが,彼は物部大前宿禰や阿知使主(あちのおみ)らと皇太子(のちの履中天皇)を助けたといわれる。

なお,名前については,仁徳天皇と同日に生まれ,それぞれの産屋にとびこんだミミズクとミソサザイの名を交換してつけたとの説話がある。

◼️葛城 襲津彦(かずらき の そつひこ、別名: 武内襲津彦)

生没年不詳:4世紀末から5世紀前半頃と推定) 武内宿禰の子で、葛城氏およびその同族の祖とされる。

武内襲津彦と神功皇后の子は7才で夭折した為、上毛野国の竹葉瀬ノ君(宇佐家の豊玉姫の長男である豊来入彦の子孫)を養子とし、後に竹葉瀬ノ君が応神天皇として即位した。

応神天皇の子の菟道稚郎子(ウジノワキイラツコ)は、武内宿禰の息子である平群木菟(ヘグリノツク)により暗殺され、平群木菟がオオサザキとなり、仁徳天皇となったのか⁉︎

◼️出雲口伝に基づく王朝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です