【昭和39年の神戸新聞】東かがわ市生まれの大伯母のインタビュー記事! 旧・神戸オリエンタルホテルで英語を使い電話交換手のリーダーを務める! 川島芳子、昭和天皇宿泊時の勤務! 二・二六事件、GHQ占領時代の電話交換! 瀬戸内寂聴さんとの交流!

🟣古いアルバムの中から大伯母が神戸新聞からインタビューを受けた記事が出てきた。

今は亡き大伯母は、1906年(明治39年)に現在の香川県東かがわ市に生まれた。

森家は、江戸時代までは高松藩松平家に仕える武士で、主に普請(土木工事、建築工事)役を務めた。東かがわ市の小磯にある番屋の浜に松平家の殿様が遊びに来るたびにお膳立てをしなければならず、かなりの額のお金がかかった。

また、金毘羅さんの石段作りにも参画したり、丹生の柏谷(かしわだに)を切り開いたりした。その後、明治時代となり農家を営むこととなった。

大伯母の母(私の曽祖母)は、東かがわ市相生(あいおい)村の黒羽(くれは)の出身だった。

この相生村は、瀬戸内寂聴さんの父 三谷豊吉さんや戦後「東京ブギウギ」を歌い一世を風靡した笠置シヅ子さん、戦後初の東大総長 南原繁さんの出身地でもある。

大伯母は、寂聴さんの家に手伝いに行っていた時期があり、その関係で寂聴さんと交流があった。

◼️明治生まれの大伯母の人生とオリエンタルホテル

↑ 海岸通りにあった3代目オリエンタルホテル。西隣は商船三井ビル、その隣が海岸ビル。

大伯母は、1906年(明治39年) 現在の東かがわ市に生まれた。

姉の嫁ぎ先の神戸に遊びに行った際、神戸市の電話局での交換手募集に目が止まり応募、養成所に通いはじめた。養成期間が終わった途端、当時の時代背景もあってか、女性が外で働くのはいけないと両親から猛反対を受け泣く泣く東かがわ市へ帰郷した。

電話交換手とは?

自動交換機の登場以前は、共同加入回線を介して電話をかける以外では、交換手の補助が不可欠だった。

発呼者はまず、電話局の交換手と話をする。発呼者は交換手に、呼び出したい相手先を伝え、交換手はその要求に従い、パッチパネルの構造を持つ、手動の電話交換台により、接続用ケーブル両端の電話プラグを、交換機にある発呼者側・着信側それぞれのジャックに差し込むことによって回線を接続し、互いの通話を可能にした。

電話交換手は一般的に、非常に強力なコミュニケーション能力が必要とされた。

交換手の遠距離ダイヤル通話と顧客の長距離直接通話(DDD)回線が登場する前は、電話交換手が遠方の電話局にいる相手と協力して長距離電話(いわゆる市外通話)を完了していた。

通話は完全管理の状態で、交換手はプライベートな会話を聞くことができる立場だった。

1917年(大正6年)に神戸海岸通りのオリエンタルは、ホテル東洋汽船の所有となり、1926年にオリエンタルホテル株式会社が発足した。(ホテル事業は大成功を収めたが、3代目の建物は1945年(昭和20年)6月5日の神戸大空襲で被弾して半壊し、復旧できずに取り壊された。)

3代目となる建物は、当時日本最高のホテルの一つと称され世界的に有名なVIPが多く宿泊した。また、素晴らしい食事を提供するホテルとして知られ、とりわけ神戸ビーフの名声を世界に広めた施設の一つとされている。

↑ 海岸通に在った当時のオリエンタルホテル建物(3代目、明治40年頃)

1922年(大正11年)、アインシュタイン博士が来日した際に宿泊。

1922年11月17日の午後4時ごろに神戸港第3突堤から上陸した↓

‚

1924年(大正13年)11月に神戸に来た孫文が宿泊。この時、孫文は「大アジア主義」と題した有名な演説を行い、また頭山満とオリエンタルホテルにて2日間に渡って会談している。

↑ 1924年、来日した孫文を宿泊先の神戸のオリエンタルホテルに訪ねた頭山満ら

1925年(大正14年) 大伯母、19歳のとき、姉が病気になり見舞いを口実に神戸へと赴いた。電話交換手養成所時代の友人が勤めていたオリエンタルホテルに訪ねて行き、電話交換手として働くこととなった。

女性の従業員は交換手3人きり、当時は経営者が外国人だったのでレディファーストの気風もあって待遇は良かった。モスリンの着物も寸法に合わせて作ってくれ、クリスマスには必ず新調した。

当時、オリエンタルホテルは、天皇陛下を始めとする皇室関係者、政界、財界の名士から芸能人、作家、外国人VIPらが宿泊する西日本を代表する名門ホテルだった。

1926年(昭和元年、12月25日 – 12月31日)。昭和の時代になると国際電話も次々と開通していき英語での電話交換も増えていった。大伯母はホテルの従業員の方に英語を教えてもらいながらon the job trainingで英語を身につけていった。ホテルに国際電話がかかって来て英語で意思疎通ができなけば電話交換手として死活問題の為、日々、緊張感の中、必死で仕事と勉強に勤しんだ。

1928年(昭和3年) 23歳のとき、お寺のお坊さんの世話で宮崎県出身で神戸の警察官だった方と見合い結婚した。

↑ オリエンタルホテル前を行く神戸臨港線B50形蒸気機関車(昭和7年)

この頃、松方幸次郎が、二頭立て馬車でホテルに乗りつけたり、九条武子が耳かくしに結って来たり、海軍士官の軍服を着た男装の麗人 川島芳子がホテルに宿泊したり、大伯母のいる交換室まで特高や憲兵が出入りしたりと華やかでいて何か不安を感じさせる時代だった。

↑ 満洲国陸軍上将の軍服を着用した芳子。1906年5月24日〜1948年3月25日(41歳没)

1936年(昭和11年)2月26日(水曜日)から2月29日(土曜日)にかけて発生した二・二六事件は、東京から取り次いだ「大変なことなのよ」と言う交換手の声で知った。大伯母の元にも次から次へとニ・ニ六事件に関する生の情報が入ってきて、聞いているうちに足がブルブル震えた。

皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが1,483名の下士官・兵を率いて蜂起し、政府要人を襲撃するとともに永田町や霞ヶ関などの一帯を占拠したが、最終的に青年将校達は下士官兵を原隊に帰還させ、自決した一部を除いて投降したことで収束した。この事件の結果、岡田内閣が総辞職し、後継の廣田内閣が思想犯保護観察法を成立させた。

1937年(昭和12年) ヘレン・ケラーがオリエンタルホテルで食事、宿泊は住友男爵邸。 ヘレンは、「これまで食べた中で一番美味しい料理だった。」と感激した言葉を残している。

奈良訪問時のヘレンケラー。 幼少時、ヘレンは同じく盲目の塙保己一を手本に勉強したという。塙のことは母親から言い聞かされていたとされる。1937年4月26日、ケラーは渋谷の温故学会を訪れ、人生の目標であった保己一の座像や保己一の机に触れている。ケラーは「先生(保己一)の像に触れることができたことは、日本訪問における最も有意義なこと」「先生のお名前は流れる水のように永遠に伝わることでしょう」と語っている。

1945(昭和20年) 39歳の時、終戦を迎えた。大伯母の自宅は神戸大空襲で焼かれてしまった。オリエンタルホテルはアメリカの進駐軍に接収され将校宿舎になったが、電話交換手がいない為、大伯母が引っ張りだされた。様々な怖さがあったが、日本人の代表のつもりで頑張った。米軍の中ではなかなか好評だったようだ。敗戦後すぐに、GHQの下で働くことは想像を絶する恐怖と複雑な思いがあっただろう。神戸だけでなく日本中の主要都市を爆撃し、焼け野原にした米国軍人と働くことは、相当な勇気と覚悟が必要だった

焼夷弾の投下を受ける神戸。1945年6月4日、焼夷弾を投下中のB-29より米軍が撮影。画像の上は東、左が北。神戸港新港地区の埠頭が、左上より第六突堤、第五突堤、西に少し折れて第四突堤~第一突堤、短いメリケン波止場および長い中突堤(後のメリケンパーク)と櫛状に並ぶ。画像下部中央付近から左上へ煙の中へ直線状に延びるのは、東海道本線の西端部。画像下部の右側に、貨物支線の湊川駅(神戸駅東側、後のハーバーランド)付近、および川崎重工神戸工場の一部も確認できる。

神戸大空襲後の焼け跡・神戸市元町付近

終戦後、昭和天皇の行幸から始まり石原裕次郎さん、阪神タイガースのジーン・バッキー選手を始めとする外国人など各界の名士が、続々とオリエンタルホテルに宿泊した。

1947年、昭和天皇、来神。

1948年(昭和23年) 43歳のとき長年の実績と勤勉さが認められ係長となった

1954年(昭和29年) マリリン・モンロー、ジョー・ディマジオ夫妻が宿泊。

1958年(昭和32年) 石原裕次郎さん、北原三枝さんが映画ロケのため宿泊。

↑ 1958年9月5日。 石原裕次郎さんと北原三枝さんが映画ロケで来神、神戸オリエンタルホテルにて。

↑ 日活映画「赤い波止場」のポスター。1958年に日活によって制作、公開された日本映画。舛田利雄監督、石原裕次郎主演。神戸をロケ地として撮影された。

1964(昭和39年)大伯母 58歳のとき神戸新聞からインタビューを受ける。

神戸オリエンタルホテルを定年退職後も請われて数年間、岡山市内のホテルに勤めていた。

幼少の頃からうちへ来るたびに可愛がってくれた。岡山で一緒に食事したりもした。

私がアメリカへ留学へ行く前に、入院し、神戸の病院へお見舞いに行ったのが会うことができた最後となった。見舞いに行った時、看護婦さんに、私がアメリカへ留学しに行くんだと聞かれてもないのに嬉しそうに言っていたのを今でも覚えている。

昭和の開戦前から戦時中、戦後と動乱の時代を生の情報が行き交うオリエンタルホテルの電話交換手として必死に働いた。立場上、知ってはいけない機密情報も多く入ってきただろう。

生涯を通して、無遅刻、病欠、早退なし。神戸空襲の最中も電車が止まっていたところは歩いて出勤した。

まだまだ外に出て働く女性が少なかった大正時代に香川の片田舎から神戸と言う都会へ単身出ていき何のコネもないホテルで人柄と真面目さだけを頼りに生き抜き神戸で人生を終えた。

明治時代の日本人の気骨を持ち、いつも背筋をピンっと伸ばした優しい大伯母だった。

◼️電話交換手とは?

自動交換機の登場以前は、共同加入回線を介して電話をかける以外では、交換手の補助が不可欠だった。

発呼者はまず、電話局の交換手と話をする。発呼者は交換手に、呼び出したい相手先を伝え、交換手はその要求に従い、パッチパネルの構造を持つ、手動の電話交換台により、接続用ケーブル両端の電話プラグを、交換機にある発呼者側・着信側それぞれのジャックに差し込むことによって回線を接続し、互いの通話を可能にした。

電話交換手は一般的に、非常に強力なコミュニケーション能力が必要とされた。

交換手の遠距離ダイヤル通話と顧客の長距離直接通話(DDD)回線が登場する前は、電話交換手が遠方の電話局にいる相手と協力して長距離電話(いわゆる市外通話)を完了していた。

通話は完全管理の状態で、交換手はプライベートな会話を聞くことができる立場だった。

1964(昭和39年)12月29日(火曜日)の神戸新聞のインタビュー記事(58歳時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です