【甲子園】高松商業野球部の伝統 悲業の最期を遂げた先輩の霊を慰める「志摩供養」とは?

🟣志摩供養とは?

1924年、第1回春の選抜大会の優勝校は高松商業 (第一回選抜大会は名古屋市の山本球場で開催)。

この時の高松商業の三塁守が 志摩定一 選手。

●第一回選抜大会では、高松商業が決勝戦で、早稲田実業を2-0で破り優勝。この時、志摩定一選手は、6番 サードで活躍。

志摩選手は、胸部疾患を患っていたが、この後の夏の予選にはそれを隠して出場し続けたため病状は悪化し1924年冬に、

「俺が死んでも魂が高商の三塁を守る」 という遺言を残し他界。

この遺言の精神を守り、そして志摩選手を供養するため、高松商業の試合では1回の守備に就く前に、ナインが三塁ベースを囲んで円陣を組み、主将が水を含みベースに吹き掛け、「さあ行こう」と声をかけてから守備につくという儀式「志摩供養」が始まったとされる。


1924年の選抜大会に優勝した高松商業であったが、1924年夏は甲子園出場ならず。1924年冬に志摩定一選手の死もあり、一同奮起。

1925年の春の選抜大会では、準優勝(優勝は松山商業)、1925年(第11回大会)、夏の甲子園大会においては、高松商業が本州に所在する学校以外では初めてとなる優勝を達成。

深紅の大優勝旗が初めて四国に渡った。また、高松商業は春と夏、両大会の優勝経験がある初めての学校となった。

1925年選抜大会

後にプロ野球で、活躍する宮武三郎さんや水原茂さんらがメンバーだった。

1925年 夏の甲子園大会 高松商業優勝!

🟣その後の志摩供養

この儀式は、悲業の最期を遂げた志摩先輩の霊を慰める為のものであったが、1978年に高野連の会長・佐伯達夫氏により、遅延行為、宗教的行為を理由に中止勧告を受け、禁止されたため、以降の甲子園出場時には行われていなかった。


しかし、20年ぶりに出場した2016年の第88回選抜大会より甲子園では、三塁守が初回の守備につく際に三塁ベースに手を添え頭を垂れて祈るというスタイルで志摩供養を行っている。

高松商業 志摩供養(四国地区大会)

2011年秋季 高校野球四国地区大会 準決勝 高松商業 対 鳴門高校。

試合前シートノック終了時の志摩供養。

2011-10-29 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

2022年8月11日、甲子園。 高松商業 対 佐久長聖戦の試合前に志摩供養をする高松商業 三塁守。

●山田一成副主将は、この日、佐久長聖戦で、先制のタイムリーを放った。

両チーム無得点で迎えた四回表無死二、三塁の先制の好機に、香川大会決勝で先制の適時打を放っている山田一成副主将(3年)に打順が回った。

 「先制点を取れば流れが来る」。変化球にタイミングが合わず、ファウルが続き、7球目。真ん中低めの直球を三遊間に力強くはじき返した。ベンチに向かって握り拳を突き出しながら一塁へ向かうと、塁上で両手の親指を立てる「グッドサイン」を送って、ナインの笑顔を誘った。

2022/8/11の佐久長聖戦のダイジェスト

漫画に描かれた「志摩供養」

少年画報社 週刊少年キング

1975年04号掲載

マンガ: 「風の大地」のかざま鋭二さん

監修: 近藤唯之

作: 神保史郎

●1900年設立の高松商業

2022年夏の甲子園出場メンバー

【2022年夏の甲子園大会】3大会連続。5試合で計63安打と打線が力強い。2本の先頭打者本塁打を含む3本塁打の浅野、打率5割超の井桜が打撃の中心。投手はエース渡辺和と大室の両左腕が柱だ。1909年創部。甲子園出場は春夏通算49回目の古豪。

高松商業 2022年夏、甲子園出場前の各選手のコメント。長尾監督の生き方を反映したチーム。野球を通して人間性を養う。

【2022年8月4日】第104回全国高校野球選手権大会出場校・香川県立高松商業高校特集/RNC西日本放送

●2022年夏の甲子園。浅野選手一人に頼らずに総合力で戦い、守り勝つチームを目指す😃

●イチローさんから学んだどんなに疲れていても手を抜かない、全力の中で形を作る野球を目指す。


百折不撓 (ひゃくせつふとう)

何度失敗して挫折感を味わっても、くじけずに立ち上がること。

どんな困難にも臆せず、初めの意志を貫くこと。