【昭和レトロ】香川県の昭和40年代〜50年代の写真! 讃岐弁ってどんな感じ? 讃岐弁一覧!

🟣観音寺市の伊吹島にあった伊吹産院 出部屋 昭和40年代

🟣女木島の頭上運搬

🟣小豆島 肥土山の農村歌舞伎

🟣東かがわ市 白鳥神社のおみかん焼き

🟣四国遍路 88番札所 大窪寺

🟣木田郡三木町 鰐河神社の大獅子

🟣第二回高松祭り

🟣第二回高松祭り

🟣高松中央球場 市街地 屋島

🟣コトデン瓦町駅周辺

🟣栗林公園 左下に栗林動物園のプール

🟣高松商店街にあった東宝。

🟣南新町

🟣香川県独立の父 中野武営さんがいなかったら今の香川県はなかった。香川県は日本で最後に県となった。

🟣讃岐弁ってどんな感じ?

讃岐弁は、香川県(旧讃岐国)で使用される日本語の方言。

四国方言の一種。アクセントは京阪式アクセントの亜種である讃岐式アクセント。

県内では東と西で違いがあり、大まかに東讃弁と西讃弁に区別されるが、現在は東西の差も少なくなっており、メディアの発達に伴い、若い世代を中心に共通語化が進んでいる。

●昔、大阪に住んでいる頃、香川から遊びにきた友人と居酒屋へ飲みに行った。

夏の暑い日、店に入ってすぐに友人がビールを注文した。

「ビール、いたっ」

注文をとりにきたひとが、「えっ?」と言う顔をしたので、わたしが、友人に

「ここ都会やぞ、もっと丁寧に言え」と言ったら

その友人は、

「あっそうか」と言う顔をして

「ビール、いたさい」

と言ってしまった🤣、、💦💦

※これは香川県人向けの笑い話しです💦 讃岐弁で「◯◯ いた」は「◯◯ ちょうだい」くらいの意味で丁寧に言うと「◯◯ください」なんですが、友人は讃岐弁の「いた」を丁寧にするのに「ください」の「さい」をつけて「いたさい」と言ってしまって通じなかったと言う笑い話です😃

讃岐弁

 お腹がおきる→お腹がいっぱいになる

 
 ほんだらな→じゃあね 


 なんちゃでない→何でもないよ 


 じょんならん→どうにもならない 


 しゃんしゃんせえよ→早くして 


 どくれる→すねる 


 えらい→しんどい 


 なんしょん?→何してるの? 


 いっきょん?→行ってるの?

それ、いた→それをください

おらぶ→叫ぶ 

むつごい→脂っぽい 

ぶいぶい→カナブン 

はがい→腹が立つ 

がいな→強い、すごい 

はじかい→チクチクして痒い 

ぱっちん→めんこ 

うれしげにしよる→調子に乗っている 

うまげな→かっこいい 

くらっしゃげる→殴る 

こんまい→小さい 

こそばい→くすぐったい

ちみきる→(爪の先くらいで)つねる 

ちょっとこま→少しの間 

いぬ→帰る 

おじゅっさん→お坊さん 

こらえん→許さない 

こんこ→たくあん 

さいさい→たびたび 

じゅじゅむ→にじむ 

しよい→しやすい

〜じょる→〜ている。作んじょる=作っている 

ずんやり→ずっと

へらこい→ずるい

〜まい→〜しなさい/〜してみてください

まける→こぼれる

まっつい→とても似ている、同じ

まっつくつい→ものすごく似ている、同じ

めぐ→壊す

ひにしる→(指の腹で)つねる

めげる→つぶれる

ふが悪い→格好が悪い


ぶる→漏れる

ふたかわめ→二重まぶた


まけまけいっぱい→こぼれそうなほど、いっぱいに入っている様子

おおかた→大体

とっしょり→お年寄り

どっかしゃん→どこか

どななんな? → どんな調子ですか?

何とかー! → 何だって!? 

なんなんな? → 何なんだい?

おおかた→大体


おがす→(土等を底から)掘り返す

かく→かつぐ

さいさい→たびたび

〜かしゃん→ 〜(しよう)かな

じゅるい→(地面が)ぬかるんでいる

ずんやり→ずっと、延々と

たる→飽きる

ちょっとこま→少しの間

ふたかわめ→二重まぶた

どっかしゃん→どこか

どななんな? →どんな調子ですか?

何とかー! → 何だって!? 

なんなんな?→何なんだい?

おおかた→大体

〜かしゃん→ 〜(しよう)かな

じゅるい→ぬかるんでいる

はみ→マムシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です