かつて香川県高松市にあった栗林(りつりん)動物園とは? ナマケモノとゴリラが有名だった!

🟣栗林動物園 (1930年〜2004年)

●栗林動物園 動画→Yahoo検索URL↓

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=栗林動物園&aq=-1

かつては園の東側(中央通り沿い)に栗林公園動物園があった。

前身は1907年に開園した県営の小動物園である。その後、世界恐慌による経営難により香川松太郎に譲渡され、1930年(昭和5年)1月1日に私営の栗林公園動物園として開園した。

1951年(昭和26年)に財団法人に変更、翌1952年(昭和27年)に博物館登録。

来園者が入れる「人間」のオリやナマケモノの飼育で知られていた。

1974年(昭和49年)にパナマからホフマンナマケモノの「シロ」を迎え、国内初となる飼育を

1982年(昭和57年)に来園したフタユビナマケモノ(英語版)の「ナシ」は1985年(昭和60年)の初出産を皮切りに計11頭の子供を出産し、世界最高記録保持者となった。シロは閉園後も高松市内の住宅で飼われており国内長寿記録を更新中である(2011年現在)。

開園時間は日の出から日没まで。長らく市民の憩いの場として親しまれ、1970年頃には入場者数約50万人を数えていた。

しかしその後は利用者減で経営と飼育環境が悪化。

このため2002年(平成14年)9月末で休園となり、その後も動物の飼育と事実上の公開は続けられたが、香川県に土地を返還するため2004年(平成16年)3月末で完全に閉鎖され、名実ともに74年の歴史に幕を下ろした。

跡地は再整備され、2006年(平成18年)10月1日に駐車場が開業した。

🟣香川一水氏が死去 栗林動物園、最後の園長 84歳 2017/07/12

2004年に閉園した栗林公園動物園の園長を務めた香川一水(かがわ・かずみ)氏が、老衰のため2017年7月12日午後10時46分に亡くなられた。

🟣栗林公園動物園の最後の園長を務めた香川一水さん死去、最後の動物ナマケモノ2頭が神戸市の王子動物園へ

2017/07/19 22:51

●記事

http://blog.livedoor.jp/kimuchiudon/archives/1066951963.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です