【タブー】「捕われた宇宙人」の写真の真相とは? 何十年にも渡る謎が解けた! 意外な宇宙人の正体とは?

🟣宇宙人の写真の中で、最も有名な「捕われた宇宙人」の写真。

私がこの写真を初めて見たのは40年くらい前だろうか。 当時購入した本の宇宙人特集の中で紹介され、ミステリー系の好きな私は興奮しながら説明を読み、宇宙人はいるんだと信じていた💦💦

この写真の説明では、「1950年頃、西ドイツの新聞に掲載されたメキシコシティー付近に墜落した空飛ぶ円盤に乗っていた宇宙人の写真」となっている。

諜報部員らしいトレンチコート姿の男性二人は、アメリカのFBI (媒体によっては、CIAや旧ソ連のKGBのエージェント)となっている。

しかしながら、昔のテレビや本の写真では何度もコピーして使いまわされている為、不鮮明でよく分からない。もう少し鮮明な写真を見てみると、この宇宙人はなにかおかしい💦💦

●宇宙人を拡大して見ると、パンツを履き、足には大きめのサイズのブーツを履いている💦💦

●顔を拡大して見ると、人間の顔をしている 笑笑😃

いろいろと調べてみると、この写真の出所は、1950年3月29日発売、4月1日号の ドイツの雑誌「NEUE ILLUSTRIERTE」のエイプリル・フールのジョークの記事だった!

アリゾナ州フェニックスに侵入してきた火星人のUFOと、アメリカ空軍が交戦してUFOを撃墜したと言うジョークの記事が出所だった。

下記が全体の記事

この記事の右下の写真だけが切り取られ、「捕われた宇宙人」の写真として世の中に拡散されたというのが真相だった!

●このドイツの雑誌「Neue Jllustrierte」は、翌週発売の1950年4月5日号(43ページ)で「本誌は3月29日の4月1日号の中で読者に対し悪戯をしました。火星人着陸は作り話です。D.Ussel軍曹(Dussel)は実在しません。火星人はプロローラースケートのグループ、The Lidstonesのメンバーでした。」とネタばらしをした!

ちなみに、宇宙人は、ケルンのプロ・ローラースケートグループ THE LIDSTONESのジェームス・リドストーン選手の写真を合成したものと言われる。

●James Lidstone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です