大阪弁の中でも◯◯な河内弁とは? ミス花子さんの「河内のオッサンの唄」! 普通の文を簡単に河内弁にする方法は? 未知やすえさん、片岡あや子さんのキレ芸とは?

🟣河内弁とは?

河内弁(かわちべん)は、大阪府東部の河内地方(旧河内国)で用いられる日本語の方言。

近畿方言の一種。河内地方を含めた大阪府下は際立った地理的障害もなく、大阪都市圏として経済的・文化的に大阪市との結び付きが強いため、方言も府下一円でほとんど均質である。

しかしながら、摂津・河内・泉州など地域ごとの違いも存在し、河内弁ではサ行イ音便、二人称「われ」、疑問の終助詞「け」などが特徴である。

●北河内 – 枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市

●中河内 – 東大阪市、八尾市、柏原市

●南河内 – 松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、河内長野市、大阪狭山市、南河内郡太子町・河南町・千早赤阪村

🟣方言区画
河内地方は南北に広いため、地域によって若干の違いがある。以下は山本俊治による区分。

●中・北河内方言
北河内方言(枚方市・交野市)と中河内方言(寝屋川市・守口市・大東市・東大阪市・八尾市・ 大阪市東部)に分かれる。特に中河内の方言は河内弁らしいとされる。
北河内方言は京言葉の影響を受けている。


●南河内方言
柏原市・藤井寺市・松原市・羽曳野市・富田林市・河内長野市・大阪狭山市・堺市東部・南河内郡(美原町・太子町・河南町・千早赤阪村)の方言。泉州弁とのつながりもかなり濃厚である。

🟣河内弁を使う著名人

岡田唯


今東光


川西賢志郎


高本彩


高畑充希


豊川悦司

つんく


未知やすえ

黒田有

🟣河内弁の例

●よす – 「寄せる」からか。仲間に入れる。(例)よしてえ(仲間に入れて)

●えらい – 大変、しんどいの意。(例)仕事がえらいのう(仕事がしんどいなあ)

●ちゃありんぼ – 鬼ごっこなどで、体力が弱いために一人前に扱ってもらえない子。東大阪市西部や大阪市東成区で言う。


●ひろうす – がんもどき。「ひりょうず」から。

●われ – 二人称としてかなり高い頻度で用いる。河内弁を代表する語であり、他地域にもよく知られる。派生形として、「われは」の転「わりゃ」や「わら」などが存在する。

●おのれ – 「お前」や「君」など二人称を広く包括して使用される。「おどれ」や「おんどれ」と転訛するほか、「おのれは」の転「おのりゃ」、「おどら」、「おんどりゃ」などの派生も存在する。

🟣河内弁講座 普通の文を簡単に河内弁に変換する方法とは😃?

●普通の文を文節に区切り、各文節の後に「ワレ」を入れる。4〜5回目の「ワレ」の後に「よ〜」を入れる。最終的に文を微調整する!

🟣未知やすえさんキレ芸

🟣片岡あや子さんのキレ芸

🟣河内のオッサンの唄 ミス花子

🟣河内のオッサンの唄 2016年 ミス花子本人が歌う!

https://m.youtube.com/watch?v=ws0scy1OpC4&feature=emb_title

🟣関東人がイラッとする大阪弁

https://m.youtube.com/watch?v=4EsJI0pKLRM&feature=emb_title

🟣映画 河内のオッサンの唄 予告編

🟣ミス花子とは?

ミス花子(本名:鍵谷和利)

1953年 –

主に大阪で活動する日本の男性シンガーソングライター。

奈良県吉野郡東吉野村出身。

代表曲に「河内のオッサンの唄」「好っきゃねん」がある。

●人物

奈良県立吉野林業高等学校卒業。

1976年8月1日発売の「河内のオッサンの唄」がヒット(売上80万枚)し、同年に東映で映画化もされている(監督・斎藤武市、出演・川谷拓三、夏純子、ミヤコ蝶々ほか)

同曲は当初、テイチクからの発売が決まっていたが、上層部から「品が無い」と断られてしまったため、最終的に日本コロムビアから発売された。

その他、1981年発売の「好っきゃねん」(「ミス花子とじゃんぷあんどじゃんぷ」名義)もヒット。

「河内のオッサンの唄」のヒットのためにコミックソング系の歌手と思われがちだが、もともと反戦フォークを歌っており、現在でも、世相を風刺したラップ調の曲などを発表している。

ダウンタウンの浜田雅功が彼のファンであるため、「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の第一回ゲストに招かれ、その後も同番組のスペシャルなどに出演している。

歌手、俳優業の傍ら、大阪府高槻市においてバーを長男と経営していた(2007年11月11日オープン)。現在は大阪府の色々なテレビ局で大道具の仕事をしている。

2006年には奈良県東吉野村村議選に出馬したが落選している。

2009年10月29日現在、ミス花子の店「ブルーム」は閉店している。

2008年11月3日、NHK大阪放送局制作の『わが心の大阪メロディー』に歌手として出演。

そこで、『バラエティー生活笑百科』の大道具アルバイトも行っていることが明かされ、同番組レギュラーで当日の司会でもあった上沼恵美子を驚かせた。

🟣映画 河内のオッサンの唄 DVD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です