ジョンレノンの妻 オノヨーコさんの英語レベルは? 英語でのインタビュー動画を集めてみた! 安田財閥創始者のひ孫! 息子ショーン出演動画!

2020/6/1

🟣プロフィールは?

オノ・ヨーコ(Ono Yoko)

1933年2月18日 –

東京都出身のアメリカの前衛芸術家、音楽家、平和運動活動家。

ジョン・レノンと共に平和活動、音楽、創作活動を行ったことでも知られている。

🟣生い立ち

1933年2月18日、小野英輔・磯子の長女として、東京で出生した。洋子・啓輔・節子の3人きょうだいであった。

父親は、日本興業銀行総裁を務めた小野英二郎の子であり、ピアニストから銀行員に転じ、ヨーコが生まれたときは横浜正金銀行のサンフランシスコ支店に勤務していた。母親は、安田財閥の祖であった”安田善次郎の孫”である。安田善次郎は1921年に82歳で暗殺されている。

母方の曽祖父は元宇和島藩士で実業家の伊臣忠一である。義理の伯父には、医学者の小野康平や外交評論家の加瀬俊一、歌舞伎役者の片岡仁左衛門、伯母には白系ロシア人ヴァイオリニストの小野アンナ、従弟には地理学者の小野有五、画家の石井茂雄がいる。ヨーコは2歳のとき、父の暮らすサンフランシスコへ転居したが、2年後には母と日本へ帰国し、幼少期は安田家の鎌倉の別荘で暮らした。

弟の啓輔は三菱商事に勤務、妹の節子は世界銀行に長年勤めたのち彫刻家になる。

自由学園(幼稚園)、学習院初等科へ通い、父の転勤に伴いニューヨークに転居し、ロングアイランドのパブリックスクールに通った。再び帰国後、啓明学園初等学校、青南小学校に編入、学習院女子中・高等科を経て、1952年に学習院大学の哲学科に入学。1953年、20歳のときに家族と共に父親の赴任先であるニューヨーク郊外のスカーズデールに移り住み、サラ・ローレンス大学に入学、音楽と詩を学ぶ。

🟣ジョン・レノンとの出会いと活動

レノンとの出会いは1966年11月9日。ロンドンのインディカ・ギャラリーでの個展『未完成の絵画とオブジェ』の開催前日に訪れたレノンは、そこに展示されていた作品「天井の絵」に惹かれた。それは部屋の中央に白い脚立が置かれており、観客はそれを昇り天井からぶら下がった虫眼鏡を使って、天井に貼られたキャンバスの小さな文字を見るという作品だった[5]。レノンは当時を回想し「もし”No”とか『インチキ』みたいな意地の悪い言葉が書かれていたら、すぐに画廊を出て行ったよ。でも”YES”だったから僕は『これはいけるぞ、心温まる気持ちにさせてくれる初めての美術展だ』と思ったんだ」と後に語っている。

1967年、ロンドンのリッスン・ギャラリー(英語版)で、すべてのオブジェが半分の形で展示された個展『ハーフ・ア・ウィンド・ショー』(“Half-A-Wind Show”)を行う。二人はその後、前衛的な音楽活動やパフォーマンスを行うようになり、1968年にアルバム『トゥー・ヴァージンズ』や『ドングリ・イヴェント』(“Acorn Event”) を発表。

1969年3月20日、ジブラルタルで結婚。米国では,「ミドルネーム方式」を選ぶことも可能で、オノはミドルネームに「オノ」を入れる形式を選んだ為、本名はヨーコ・オノ・レノンとなる。二人の息子も、ミドルネームに「オノ」を入れている。

🟣息子 ショーンレノン誕生以降

1975年10月9日、レノンの35歳の誕生日にショーン・タロー・オノ・レノンが誕生。ショーン誕生後、二人は夫婦の役割を見直し、育児と家事をレノンが担当し、家計とビジネスをオノが担当した。

1980年、ショーンが5歳になったことを契機としてレノンは音楽活動を再開し、同年11月17日に共作アルバム『ダブル・ファンタジー』を発表する。しかし、その後間もない12月8日にレノンは自宅、ダコタ・アパートメンツ前でマーク・チャップマンによって射殺された。チャップマンの銃口はオノにも向けられたものの一難を逃れている。

レノンの死の翌年、1981年にオノは、サム・ハバトイ(en:Sam Havadtoy。レノンの生前から家族ぐるみで親しくしていたインテリア・デザイナーで、古美術品・骨董品を扱っていた人物)をショーンの養育係として雇いいれた。

1987年に芸術家アンディ・ウォーホルが死去したとき、その葬儀で弔辞を述べる役を果たした人のひとりとなった。

2001年のアメリカ同時多発テロ後, 13日目に当たる2001年9月23日、ニューヨーク・タイムズの日曜版に”Imagine all the people living life in peace”という一面広告を掲載した。これを受けて米国政府は、放送局に「イマジン」のオンエアの自粛を求めた。

2004年10月、朝日カルチャーセンター主催、新宿の住友ホールで行われた講演会で「アルカーイダをどう思いますか?」と訊かれ、「人のことを批判したり考えるよりも、自分の健康について考えたほうがいいです」と答えている。

2009年9月、プラスティック・オノ・バンドとして、ショーン・レノンや小山田圭吾らと共に音楽活動を再開した。

2016年2月26日夜、インフルエンザでニューヨークの病院に運ばれたが、翌日27日に退院した。

息子のショーンレノンと



🟣英語を話す動画

🟣SMAPxSMAP出演

ジョンレノンとの思い出話しを語る




🟣ジョンレノンとTV番組出演

BED PEACE




🟣ジョンレノンとオノヨーコの息子 ショーンレノン

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

新品価格
¥1,518から
(2020/4/10 20:36時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です