⬛️せとうち島旅ガイド(瀬戸内国際芸術祭2019 公式ツアーガイド)研修とは? – 女木島、男木島での研修に参加 –

🔷2019年3月12日(火)

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ツアーガイドの現場研修に参加してきた。

●元々の日程では、この日は、大島にも行く予定であったが風が強く、海が荒れているため、大島行きは中止となり、女木島、男木島のみの研修となった。

素人目には、天候も悪くなく大丈夫そうに思えたが、男木島の「歩く方舟」を見に行った際に風の強さと波の高さを実際に体感し、チャーター船の運行が中止になった理由に納得した。 公式ツアーが始まっても海が相手なので、こういうことも起こりうるだろう。何をおいても参加者の安全確保が最優先となる。

研修では、新規作品はまだ制作中である為、公式ツアーでのルートやトイレの位置確認などがメインとなる。

男木島は道も細く急な坂もあるので高齢者の方が参加された際には特に歩くペースに配慮が必要だ。また雨天時には滑りやすくなるためもしハイヒールの方がいれば注意喚起は必須。

実際のツアー時には、当然一般の観光客の方もいらっしゃるので説明する立ち位置や作品の混み具合によっては鑑賞順序の入れ替えなど臨機応変な判断と対応が必要となる。このツアーコースは、大島、女木島、男木島と一日で3島をチャーター船と徒歩で廻るため時間管理と旅程管理が特に重要だ。

また歩く距離が長くなるため水分補給の喚起や不意の事故の際の診療所の有無、診療日の確認も忘れてはならない。

公式ツアーのルートを確認しながら、起こりうるあらゆるケースを頭の中で想定する、また、自分ならどこで何をどう説明するかをシュミレーションしないと実際の場面では到底対応できない。

●顧客満足を得るためには、この公式ツアーに参加される方々は、何を求めているのか? という相手目線でのガイドのあり方を考えないといけない。 自分なら自分が行うガイディングに対して、料金以上の価値を見出し、満足して、このツアーに参加して良かったと思うか? 顧客満足は相手が求める期待以上のサービスを提供して始めて得られる。

その意味では、こえび隊の活動に参加して作品作りの手伝いをしてアーティストと交流したり、自分で島に訪れて実際に島の方とお話しする機会を持つ、などして自分の実体験に基づく独自情報を収集して提供し、参加者を得した気分にすることが顧客満足につながっていくだろう。

更にレベルアップするためにはエンターテイメント性の追求が必要だろう。わたしもガイド付きツアーに参加した経験があるが、ツアー参加者は、休暇を楽しみに来ているのだから、堅い話でも面白く説明して笑いをとるガイドが一生忘れがたいガイドとなるだろう。

実際の現場では、国籍、年齢、性別が違う様々な旅行者が公式ツアーに参加することになるのだからその団体を誘導していくだけでも一苦労だろう。会期中は人で混雑するし、屋外アート作品が多いため楽しんで作品鑑賞できるかは天候に左右される、また無理難題を言ってくる方もいるかもしれない、どのような状況の中でも、毎回、平均点以上のパフォーマンスを出していくのがプロというものだ。

●ツアーガイドは、即興劇の役者のように感じる。舞台となる鑑賞スポットで、予め準備しておいたセリフを発する、また、その場その場で観客であるツアー参加者とのアドリブの対話も入る。そうしながら最終的に参加者一人一人の思い出のストーリーを作り上げていく。

国籍、年齢、性別の如何を問わず、旅行は誰にとっても一生の思い出になりうる。人は楽しい思い出は忘れにくいものだ。亡くなる前に思い出すのも旅先での楽しかった出来事かもしれない。人の一生の思い出の1ページに自分が登場することになれば、なんと光栄なことだろう! それはガイド冥利に尽きると言うものだ。

●自分なりに重要だと思うこと:

1, 参加者の安全確保

2, ホスピタリティ (おもてなしの心)

3, 旅程管理

4, 時間管理

5, ガイドブックやネットには載っていない独自情報提供

6, エンターテイメント性

7, 参加者の質問に対する満足のいく回答

8, 顧客満足を得る為には、支払った金額以上のサービス提供が必要

男木島「歩く方舟」 アーティスト: 山口啓介。 旧約聖書に出てくるノアの方舟をモチーフにした立体作品。 4つの山からなる方舟が、8本の足で海に向かっていく様を表現している。 恐怖とユニークさを兼ね備えた作品は、見る者に様々な感情を呼び起こさせる。

●2019年3月12日 瀬戸内国際芸術祭 公式ツアーガイド研修。男木島でのインタビュー。RSK山陽放送 イブニングニュース


●2019年3月13日 四国新聞記事。瀬戸内国際芸術祭オフィシャルツアーガイド研修に関する内容。

2019年3月13日 四国新聞記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です