【追悼・松本道弘先生】英語での対談・インタビュー動画! 同時通訳の実演! 最後の授業!

🟣大学時代、初めて松本道弘先生の書籍に触れ多大な影響を受けた。

ご著書は、辞書も入れると数十冊は拝読させて頂いただろうか。

京都で働いているとき、一度、大阪の難波で行われた少人数セミナーでお会いしお話しをした。京都で働いていると言うとすぐに「◯◯さんを紹介しよう。」と初めて会った自分に暖かい言葉をかけて頂いた。

心よりご冥福をお祈り致します。

🟣松本道弘先生とは?

本名:松本 廸紘(まつもと みちひろ)

1940年(昭和15年)3月6日 – 2022年(令和4年)3月14日)

日本の英語通訳者、英語講師。

●経歴・人物 

大阪府生まれ。

高校生のとき、校長が行った臨時の授業をきっかけに、英語学習に注力するようになった。

関西学院大学卒業後、日商岩井勤務。通訳者として、西山千に師事し、駐日アメリカ合衆国大使館同時通訳者、NHK教育テレビの上級英語講座の講師などを勤めた。

産業能率短期大学、のち産業能率大学助教授、名古屋外国語大学教授などを経て、1997年からホノルル大学教授。

松本は、早い時期から日本におけるディベート教育の必要性を主張し、1970年代から著書『知的対決の論理 : 日本人にディベートができるか』(朝日出版社、1975年)や、翻訳書『ディベートの方法:討論・論争のルールと技術』(産業能率短期大学出版部、1978年)などを刊行するとともに、各地で普及活動にあたった。

1993年には、国際ディベート学会を創設し、会長となっている。

ヒストリーチャンネルや、ナショナルジオグラフィックチャンネルなどの番組に、英語で日本文化を紹介する役回りで出演したことがある。

●英語道

松本は子どもの頃から柔道に打ち込んでおり、大学時代には3段になるほどだったが、柔道はスポーツではなく武道であるという捉え方をしていた。大学の頃に、「武道の心を英語に吹き込み、英語で日本一になってやろう」と決心したという。

後には独自の「英語道」を提唱し、この考えに基づいた英語検定試験「ICEEコミュニケーション検定試験」を主宰するようになった。

1986年に英語と異文化交流を学ぶ私塾として「弘道館」を設け、2005年にこれを「紘道館」と改称した。

2021年、インターネット上で松本道弘のコンテンツを学べる会員制オンライン・サロンが開校。これを「松本道弘オンライン・アカデミア」と言う。

●著作

英語教育や日本文化について140冊を越える著作があるとされる。

🟣英語の達人・松本道弘師「NHK上級英会話」(抜粋)にてネイティヴに気迫こもったインタビューで対峙(35年前1986年頃のカセットテープ再生)

🟣松本道弘先生へのインタビュー(英語)

🟣【セミナー】アルク 第2回松本道弘の”英語発信力”徹底強化合宿 ~松本先生による日英同時通訳(即興)~

🟣Global Inside 20190125 Matsumoto Michihiro Samurai Talk2 松本道弘×Brian Shaw

🟣【追悼企画】日本人に送る最後の言葉|松本道弘先生

🟣〝英語の神様〟と呼ばれた翻訳者松本道弘が京都大学の入試問題をぶった斬る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です