総合旅行業務取扱管理者試験対策! 配点200点の海外旅行実務対策は? 時間配分、目標得点配分、自分なりの解き方の型! 引っかけ問題のパターン例は?

最終更新日: 2021/9/9

🟣総合旅行業務取扱管理者試験で最難関の科目となる海外旅行実務!

攻略法は、自分の時間配分と目標得点配分、そして、自分なりの解き方の型を作ることだ😃‼️

この海外旅行実務は、他の旅行業法や旅行業約款などの科目と違って配点は200点、試験時間は80分、合格ラインは、だいたい120点と言われている。

一度、海外旅行実務の過去問を時間を測りながら解いた方なら分かると思うが、とにかく時間が足りない💦

この科目の問題は、5つのパートに分かれており、国際航空運賃、出入国法令、英語、海外地理、海外旅行実務の5分野から出題される。

パート問題数配点
海外観光地理20問2点x20問=40点
海外旅行実務8問5点x8問=40点
出入国法令8問5点x8問=40点
国際航空運賃8問5点x8問=40点
語学(英語)8問5点x8問=40点
合計52問200点

🟣海外旅行実務の試験を時間内に解くコツは?

この海外旅行業務の問題内容は、知らなければ解けない暗記ものと計算問題に大きく分かれる。

時短のコツは、海外観光地理や出入国法令など知らなければいくら考えても答えが出てこない問題は、秒殺し、適当と思われる選択肢にマークし、時間をかければ正答率が上がる国際航空運賃や英語に可能な限り時間を回す。

5分野の時間配分を等分割りすると1分野 = 16分となる。

80分 ➗ 5分野 = 16分

しかしながら、この時間配分で問題を解いていたのでは、国際航空運賃や英語は時間が足りなくなる💦💦

時間配分と目標得点配分を決めるには、個人の得意、不得意があるので、過去問を時間を測りながら、過去3年分くらい解いて 自分なりの時間配分と目標得点配分を決めるのが良い!

個人差があるが、大体の目安は、

国際航空運賃 25分

出入国法令 10分

英語 20分

海外地理 10分

海外旅行実務(時差問題、航空機の所要時間など計算あり) 15分

◼️自分なりの時間配分と目標得点配分を実際に書き出す‼️ 

→ 自分なりの時間配分に沿って過去問を何度も解いて、記憶や計算方法を定着させ問題を解くスピードと精度を上げていく‼️

→ 計算問題などは、過去問を5年分くらいやってみて、「こう言う計算問題が出たらこの方法で解く」と言う自分なりの型を作っておき、本番では、その型にはめて速攻で解いていく!

自分なりの時間配分と目標得点配分は?

パート時間配分目標得点配分
海外観光地理
海外旅行実務
出入国法令
国際航空運賃
語学(英語)
合計80分200点

◼️独学の方で、過去問ばかりでは不安があると思われる方は、資格の大原など予備校の模擬試験を受けてみる‼️

●【参考】大原の模試URL ↓

https://www.o-hara.jp/course/ryoko_kokunai_sogo/course_detail?id=3649

●JTBの模擬試験

🟣自分なりの解き方の型 (パターン) を作ってノートに書き出し本番前に読み返す‼️

◼️出題者の意図を考えながら解く!

→ 国際航空運賃、時差計算、MCT、飛行機の所要時間計算、都市コード、航空会社コードなど、引っかけ問題が多い‼️

◼️問題別の引っかけパターン例は?

時差問題 →現地時間を求める問題

・どこの国(英語名)に属するか迷う都市名や島が出題されGMTが見つけられない。

・問われた都市がどの州 (オーストラリア、カナダ)に属するかを知らないとGMTが見つけられない。

・都市名から英語の国名が分からずGMTが見つけられない例 → サイパンは北マリアナ諸島 (Northern Mariana Islands)など

・気をつけるべきOAG上の国名: ギリシャ Greece、オランダ Netherlands、イギリス United Kingdom、ドバイ→アラブ首長国連邦 United Arab Emiratesなど

・オーストラリアの都市が何州にあるか分からずGMTが見つからない。また夏時間採用州と採用していない州にも注意!

・シドニーが、ニューサウスウェールズ州 (NSW)、メルボルンはVictoria州、ケアンズやブリスベンはQueesland州と言うのを知っていないとOAG International Time CalculatorからGMTを見つけられない。

・夏時間を正式採用しているのは、オーストラリア首都特別地域 Capital Territory (キャンベラなど)、タスマニア州 Tasmania (ホバートなど)、ニューサウスウェールズ州 NSW (シドニーなど)、ビクトリア州 Victoria (メルボルンなど)、南オーストラリア州 South Australia (アデレードなど)である。

・カナダの主要都市のタイムゾーンは?

・トロント、オタワ、モントリオール、ロンドンは東部時間帯、バンクーバーは西部時間帯、など

・シェムリアップ→カンボジア Cambodia

・ハバナ→キューバ Cuba の首都

・【2015年過去問】ナッソー→バハマ Bahamas の首都

・【過去問】コナ (都市コード : KOA) →ハワイ州の都市

・タヒチはOAG International Time Calculatorのフランス領ポリネシア(French Polynesia)からGMTを見つける

・サイパン島は北マリアナ諸島Northern Mariana Islands

・グアム島はOAGのGuamからGMT -10を見つける。グアムはマリアナ諸島最大の島、アメリカのグアム準州。グアム時間はチャモロ標準時とも呼ばれ、グアムのほか、北マリアナ諸島に含まれるサイパン島やテニアン島、ロタ島などがこのチャモロ標準時となっている。GMTは+10

・プラハ → チェコ Czech Republic

・ブリュッセル → ベルギー Belgium

・ドバイ → アラブ首長国連邦 United Arab Emirates

・ハノイ → ベトナム Viet Nam

(ハワイ、サイパン、グアム)

国名(国コード)都市名・空港名都市コード/
空港コード
英語名備考
アメリカ(US)カフルイOGG/OGGKAHULUIハワイ
アメリカ(US)コナKOA/KOAKONAハワイ
アメリカ(US)ハナHNM/HNMHANAハワイ
アメリカ(US)ヒロITO/ITOHILOハワイ
アメリカ(US)ホノルルHNL/HNLHONOLULUハワイ
アメリカ(US)リフェLIH/LIHLIHUE/KAUAI Iハワイ
北マリアナ諸島(MP)サイパンSPN/SPNSAIPAN
グアム(GU)グアムGUM/GUMGUAM

Minimum Connecting Time

・経由地の空港での乗り換え時間を探す際、例えば、2016年の過去問のように、シアトルからカナダのバンクーバー空港経由して東京に向かう場合、International to International のMCTを使い問題を解いてしまう。よく見るとUSA to International のMCTがあり、こちらを使わないと答えが違ってくる。

飛行機の所要時間を求める問題

・出発地の日付と到着地の現地の日付が違っている → 片方が、DST:夏時間となっており、夏時間のGMTを使わないと答えに1時間のズレが生じるひっかけ💦

→出発地と到着地で日付けが変わっている→GMTを探す際、出発地の日付をもとにGMTを探してしまう。夏時間がある都市の場合など、間違ったGMTをもとに所要時間を計算してしまう。

・空港での待ち時間がある→待ち時間を引くのを忘れる💦

【2015年過去問】例えば、経由便で、東京 – バンクーバー – トロントの場合、バンクーバー空港での現地出発時間から到着時間を引いて待ち時間を算出し、東京 – トロント間の所要時間から引かないと正答は得られない。

都市コード → 混同しやすい2レターコードが出題される!

・SAO、SAN

→SAO はブラジルのサンパウロ、SANアメリカのはサンディエゴ

・英語名の綴りを知らないと想像しにくい都市コード → JNB: ヨハネスブルグ JOHANNESBURG (南アフリカ)

航空会社コード → 【頻出】混同しやすい3レターコードが出題される!

・AC、CA、CI、CX

AC: Air Canada

CA: Air China

CI: China AirLines (台湾)

CX:Cathay Pacific

・KA、KE

KA: Dragonair

KE: Korean Air

・PA、PR

【過去問】PA: Airblue カラチを本拠地とするパキスタンの航空会社

【過去問】PR: Philippine Airlines

・MS、MH、MU

MS: エジプト航空

・MS →覚え方: ミイラ(M) スフィンクス(S)

MU: 中国東方航空 

→ムッ(MU)と東向く 

MH: マレーシア航空 

→マレー(M)ホット(H) 

MK: モーリシャス航空

海外地理の地名

総合旅行業務取扱管理者試験 海外地理対策! 混同しやすい名称の観光資源は?

国際航空運賃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です