懐かしのカルトアニメ 「アパッチ野球軍」の最終回はどうなったのか?

作成日: 2020/11/2

最終更新日: 2020/11/13

🟣主題歌OP

🟣主題歌ED フル

🟣第一話

🟣最終回↓

音声に問題あり↑

🟣アパッチ野球軍 最終回↓

Apache Baseball Academy Episode 26

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=apache%20baseball%20academy%2026&aq=-1

🟣最終回 26話

https://archive.org/details/HSaApacheYakyugunTVEpisode03

🟣アパッチ野球軍とは?

アパッチ野球軍』(アパッチやきゅうぐん)は、花登筺原作・梅本さちお作画による漫画、およびそれを原作としたアニメである。

週刊少年キングで1970年35号から1972年26号まで連載。アニメはNET系列等で1971年10月6日から1972年3月29日まで放送。全26話。

概要

かつて高校野球で活躍するも自らの手で選手生命を断った(前作の『エースの条件』)青年・堂島剛が、過疎の村で社会からはみでた不良少年たちに野球を教えていくという物語である。

ほぼ人間離れした野獣ともいえるようなキャラクター達が強烈で、いまだに根強いファンのいる伝説的な作品である。

いわゆるスポ根の要素が皆無と言うわけではないが、むしろ「野球部の創設に伴って起こる様々の人間模様とそれを通じた人間的成長を描いた作品」と言ったほうが近い。

そのためか、実際のルールと異なるジャッジが行われることも少なくなかった。作品内容の多くは、閉鎖的な村の中で起こる村人と飯場の人間との対立や、野球で一儲けしようと企む商人、その商人と村長との選挙を通じた癒着などの社会派ドラマに当てられている。

なお、アニメは原作の途中までしか描かれていない。原作ではその後、網走・材木・モンキーの3人の実力が突出し、チーム内で対立する様などが描かれている。

本作の主人公・堂島剛の高校時代を描いた前日譚の『エースの条件』は1969年(昭和44年)に少年キングで連載されていた。こちらも原作は花登筐が手がけているが、作画は本作とは異なり水島新司による。

本作アニメ化に際し、プロローグでネギ監督と堂島の父親と妹のみ登場しているほか、シリーズ中盤において、堂島が父親たちの前で自らの左腕に大怪我を負わせる回想シーンが「エースの条件」から引用されている。

差別的と思われる表現・描写が作中に多々含まれることなどから漫画、アニメともに復刻(ソフト化)は困難とされてきたが2002年(平成14年)に限定生産でアニメのDVD-BOXが発売され、2005年(平成17年)には原作の漫画が復刊した。

DVD版は、“表現やせりふの一部に、今日では不適切と思われる個所がある” ことを認めたうえで、“作品の歴史的価値を重視”し、オリジナルに忠実に収録されている。

お笑いコンビ・ガンリキの佐橋大輔が同作品を題材としたものまね(主人公・堂島剛のまね)を得意としており、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気企画「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」や「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」などの番組で何度か披露した事がある。

なお、表題の「アパッチ」はアメリカ・インディアン部族としてのアパッチ族の意味ではなく、終戦直後に大阪陸軍造兵廠跡地から屑鉄を掘り出していた生活者集団を意味する。

小松左京のSF小説『日本アパッチ族』や開高健の小説『日本三文オペラ』も、これら生活者集団をモデルとしている。

ストーリー

主人公・堂島剛はもともと甲子園を制した超一流の野球選手であったが、プロに入る直前に父親の拝金主義の餌食になることに反発し、父の目前で自らの左手に割れたビール瓶を突き立て、二度とボールを握れない身体となる。

こうして選手生命を断った堂島は、恩師・ネギ先生の勧めで、四国・愛媛県松山の郊外にある過疎の村・猪猿村(いのさるむら)で野球部コーチになる仕事を引き受ける。

ところが、猪猿村は単なる「田舎」というよりは、文明以前の原始人が弱肉強食の掟によって暮らす「無法地帯」のような場所であり、近隣の住民からは「アパッチ村」と呼ばれて恐れられていた。

最初はよそ者を受け付けないアパッチ村の人々であったが、次第に堂島を認めるようになり、共に甲子園を目指して奮闘していく。

アパッチ野球軍 DVD-BOX

中古価格
¥58,560から
(2020/11/2 15:26時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です