1969年版 名作アニメ「ハクション大魔王」の感動の最終回を観る!

2020/10/6

ハクション大魔王を見てるといつもハンバーグが食べたくなったものだ 笑笑😃



🟣1969年 ハクション大魔王

放送期間1969年10月5日 – 1970年9月27日
話数全104話(放送回は全52回)

ある日、小学2年生のカンちゃんこと、与田山かんいちは屋根裏でホコリを被った壺を発見する。壺の前でクシャミをすると、その壺の中から何とも奇妙な魔法使いのハクション大魔王が飛び出して来た。

この大魔王はクシャミをすると壺の中から呼び出され、相手がクシャミをもう一度するまでは壺には帰れない。しかも、呼び出した者(ご主人様)の願い事を叶えなければならない。

カンちゃんは早速、願い事を叶えさせようとするが、大魔王の魔法は役立たずで何をやっても失敗ばかり。更にあくびをすれば、大魔王の娘でお転婆なアクビも壺から飛び出して、ご主人様の言うことも聞かずにイタズラし放題。ドジな大魔王とやんちゃなアクビが、街中で大騒動を巻き起こす。

シリーズ前半では、カンちゃんは大魔王とアクビの存在を両親に隠していたが、後半では両親に受け入れられて、家族同然となる。

🟣最終回




本編中のエピソードの大半は多少の哀感はありつつもギャグに徹していたが、最終回は一転してシリアスな展開で締めくくられる。

大魔王とアクビは「壺の掟」により大々魔王の命令で魔法の壷に100年間封印される事となり、ふたりは号泣しながらカンちゃんに100年の間、会えなくなることを告げる。

カンちゃんをはじめとする登場人物たちは大魔王とアクビが魔法の壷に戻ることを阻止すべく様々な策を講じるが、壺の持つ強力な魔力の前には無力で、親子共々壷の中へと引き戻されてしまう。

大魔王とアクビはカンちゃんたちに別れを告げ、魔法の壷は月の彼方へと飛び去って行った。

🟣第一話




🟣最終回




🟣ハクション大魔王(第1作)

ハクション大魔王(第1作)は1969年10月5日から1970年9月27日まで、フジテレビ系で全52回放送された。

平均視聴率は13.5%、最高視聴率は第23話の19.1%(タツノコプロが所有する資料による)。

漫画化されて、タツノコプロによる漫画版が『たのしい幼稚園』、『週刊ぼくらマガジン』で連載された(当初はオープニングにクレジットされていなかったが、オープニングが変更されてからクレジットが入った)。

「吉田竜夫とタツノコプロ」と内山まもる、案・天馬正人と絵・内山まもる、案・天馬正人と絵・太田じろうにより作成された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です