⬛️せとうち島旅ガイド(瀬戸芸公式ツアーガイド)- 2019/4/29 瀬戸芸関連ニュース、沙弥島、瀬居島ほか –

🔷2019/4/29

沙弥島(しゃみじま)は香川県坂出市にある町。以前は塩飽諸島の島であったが、1967年(昭和42年)12月に番の州工業地帯の埋め立て造成により地続きとなった。瀬戸内国際芸術祭2019 春会期の会場となっている。地図(ポリゴン)の形は島だった時代の形を再現。

瀬戸大橋タワーは、高さ108m、360度の景色を眺められる回転式展望塔。 キャビンは右回り。約2分で1回転し、所要時間は約10分。瀬戸大橋の計画から完成までのあゆみを解説を聞き戴きながら、キャビンが上昇し、頂上部で約3回転後下降する。

動画: 五十嵐靖晃さん、Yottaさんのインタビューなど

動画: 南條嘉毅さんのインタビューなど。一雫の海: 「入浜式塩田があった時代から今までの時間の変化や記憶の移り変わりをテーマに制作。作品を体験することで現実と非現示を旅するような時間になればいいなと思う。」

瀬居島: かわいひろゆきさんの「先祖宮」

金氏徹平さんのインタビュー


南條嘉毅さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です