一番確実な英語やり直し法 No.4

4.目標達成の為の行動計画立案:

Man is a success if he gets up in the morning and gets to bed at night, and in between he dose what he wants to do.
「朝起きてから夜寝るまでの間に自分がやりたいことをやる人は成功者だ。」 Bob Dylan (シンガーソングライター, 1941~)

There is only one success – to be able to spend your life in your own way.
「唯一の成功と言うものがあります。  それは、自分の人生を自分なりに生きることです。」 Christopher Morley


 

目標達成のためには日々の具体的な行動計画に基づく実践が何よりも重要です。

目標達成の為の英語学習の行動計画は各人の生活パターンに合わせて目標達成地点から逆算して必要とされる最優先課題から実行していきましょう。

日々の行動計画は手帳に学習日誌をつけて達成度を数値化して確認していくと良いでしょう。

行動計画の実践については、「PDCAサイクル」に沿った例を挙げておきます。

PDCAサイクルとは、計画(Plan)を実行(Do)し、評価(Check)して改善(Act)に結びつけ、その結果を次の計画に活かすプロセスのことです。

P = PLAN → 計画
目標を設定しそれを実現するための方法を決める。

D = DO → 行動
目標を実現するために立てた行動計画を、実行する。

C = CHECK → 状況の把握
実行が計画どおり行われているかを把握する。

A = ACT → 調整・改善
把握した情報を基に、計画が達成可能かを判断し調整・改善をする。

 

⬛️PDCAサイクルの流れ:

PLAN (計画)

=> DO (行動)

=> CHECK (状況の把握)

=> ACT (調整・改善)

=> PLAN (計画)

 

⬛️目標実現の為の計画作成

=> 行動計画実行

=> 達成度確認

=> 改善、軌道修正

=> 新たな目標設定、計画立案

=> 行動計画実行

=> 達成度確認

=> 改善、軌道修正

=>繰り返し・・・・・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です