【セメントマッチ】小川直也 vs 橋本真也(第三戦)1999年1月4日東京ドーム

🟣小川直也 vs 橋本真也(第三戦)1999年1月4日東京ドーム (ニコニコ動画)

●Part1

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm36147879?cp_in=watch_watchRelatedContents

●Part2: 試合後の小川と橋本のコメントあり。橋本曰く「小川の目がいっちゃってたじゃないか」。

黒幕は、アントニオ猪木なのか⁉︎

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm36148203?cp_in=watch_watchRelatedContents

🟣1999年1月4日 小川直也対橋本真也

ライバル抗争を繰り広げられていた橋本真也に対し、小川直也が執拗な顔面へのパンチ(プロレスで顔面パンチは反則行為である)や、倒れた橋本の頭部を思い切り踏みつけるなどの攻撃を繰り返した試合。

橋本も小川に対して反則技である脊椎への攻撃を仕掛けるなど報復を行った。

一方的に攻撃を受け続けた橋本はKO(裁定は無効試合)され、直後に小川が挑発的な言動を行ったことから場内は騒然となった。

これにより試合後、両選手のセコンド同士による大規模な乱闘が発生。

小川のセコンドをしていた村上和成は、飯塚高史に顔面を踏まれ一時昏睡状態に陥るほどの大怪我を負う。

さらに事態は紛糾し、当時の現場監督の長州力が小川に詰め寄り怒声を上げる姿がテレビで放映された。

この際に長州は小川に対して「これ(シュートで橋本を潰す行為)がお前のやり方か!」と繰り返した。

また、橋本がKOされた際にゴングを鳴らしたのはリングアナの田中秀和の独断によるものである(「何とか収拾を付けたかった」と本人が後に語っている)。

なお橋本は試合後の検査で鼻骨を骨折していたことが判明、長期離脱を余儀なくされた。

🟣他のセメント試合動画一覧

https://note.com/redtiger/n/n2c8468cafab5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です