【セメントマッチ】 2015年 世IV虎 対 安川惡斗! 選手引退となった壮絶な殴り合い! 安川は頬骨・鼻骨・左眼窩底骨折!

🟣2015年2月22日の世IV虎 対 安川惡斗

スターダム後楽園ホール大会のメインイベントで行われたワールド・オブ・スターダム王座のタイトルマッチで、王者の世IV虎に対し、挑戦者の安川が顔面付近を殴ったことに激昂した世IV虎が、安川の顔面を拳打で執拗に攻撃し、安川が闘う意思を見せていたためレフリーは試合を止めず、危険と判断した安川のセコンドを務めた木村響子がタオルを投入し、世IV虎のTKO勝ちとなった試合。

試合後に安川は都内の病院に救急搬送され、頬骨、鼻骨、左眼窩(か)底骨折、両目の網膜しんとう症の診断が下された。

後日、この試合は世IV虎のTKO勝利から無効試合に変更され、顔面への過剰な反則攻撃を行った世IV虎はタイトル剥奪及び無期限出場停止の処分を受けた後、自ら引退した(なお、後に他団体で復帰した)。

負傷した安川も、復帰をしたものの怪我の回復がおもわしくなく、ドクターストップがかかり引退となり、両者ともに後味の悪い幕切れとなった。

この試合に関しては、世IV虎の行為はもとより、明らかに実力差のあった選手同士に対してタイトルマッチを組んだスターダムに対しての批判や、危険な状態になっていたにもかかわらず、試合を止めなかったレフェリーの和田京平に対しての批判も起こり、顔面を負傷した直後の安川の写真が週刊プロレスの表紙になった。

後日、フロントによる聞き取り調査で「入団当初から両者は仲が悪く、今回の挑戦や映画など最近の安川の抜擢が非常に面白くないことを世Ⅳ虎が漏らしていた」と言う事が解り「仕事に身勝手な私情を持ち込みレスラーは元より一社会人としても問題がある」と糾弾され、社会的に問題視される事態となった。

🟣顔面に大ケガの女子プロレスラー安川惡斗、壮絶人生を語る/映画『がむしゃら』完成披露舞台挨拶

🟣世IV虎

2015年2月22日、後楽園ホール大会で安川惡斗とワールド・オブ・スターダム王座の防衛戦を行なった。

試合開始直後、安川のパンチが世IV虎の顔面に入ったのが発端となり互いにノーガードの殴り合いに発展し、安川の出血処置のため一旦インターバルが取られた後も、世IV虎が馬乗りで拳打を叩き込み続け戦闘不能に追い込んだところで、安川のセコンドについていた木村響子がタオルを投入し世IV虎のTKO勝ちとなった。

試合後、安川は都内の病院に救急搬送された。

2月25日、世IV虎とスターダムのロッシー小川代表、風香GMらが同席し記者会見を行った。

ケンカマッチとなったことへの謝罪とともに、安川の診断結果が頬骨・鼻骨・左眼窩底骨折で両目の網膜しんとう症と発表された。

過剰な攻撃で安川に大けがを負わせた世IV虎に対して、無期限出場停止およびワールド・オブ・スターダム王座剥奪の処分が下され、22日の王座戦も無効試合(ノーコンテスト)に変更となった。

5月31日、ロッシー小川代表が会見し、同日付で世IV虎の引退を発表。

数回話し合いを重ね慰留したが、本人の意向を了承した。

6月14日、後楽園ホール大会に来場し引退セレモニーが行われた。その途中、紫雷イオ・岩谷麻優・はづき蓮王・渡辺桃・松本浩代がリングに上がり、慰留の言葉をかけた。

世IV虎は困惑した表情を浮かべ、最後の挨拶をすると予定されていた10カウントゴングもなくリングを降りた。

🟣実はクッキー作りが得意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です