総合旅行業務取扱管理者試験対策!航空便の所要時間計算問題!

🟣問題:

東京発が、4月11日10:50で、ニューヨーク着が、同日の10:45となる航空便の所要時間は次のどれか。
東京(対GMTは+9) ニューヨーク(米国・東部)(対GMTはDST実施中-4)

a6時間45分
b10時間55分
c12時間55分
d14時間45分

●所要時間を求めるためには、2地点ともGMTに換算して、マイナスする。


計算式は、

到着地GMT換算時刻 – 出発地GMT換算時刻 = 所要時間


東京(対GMTは+9) 

ニューヨーク(米国・東部)(対GMTはDST実施中-4)


ニューヨーク着:10:45 – (-4) =14:45 

東京発:10:50 – (+9) = 01:50

所要時間:14:45 – 01:50 = 12:55

🟣問題

ウィーン発が、12月23日21:45で、デリー着が、翌日の09:25となる航空便の所要時間は次のどれか。
ウィーン(対GMTは+1) デリー(対GMTは+5.30)

a5時間10分
b7時間5分
c7時間10分
d9時間5分

●デリー 9:25 – 5:30 = 3:55 + 24:00 = 27:55

ウィーン 21:45 – 1 = 20:45

27:55 – 20:45 = 7:10

所要時間を求めるためには、2地点ともGMTに換算して、マイナスする。


計算式は、到着地GMT換算時刻 – 出発地GMT換算時刻 = 所要時間


ウィーン(対GMTは+1) 

デリー(対GMTは+5.30)


デリー着:09:25 – (+5.30) + 24:00(翌日) = 27:55 

ウィーン発:21:45 – (+1) = 20:45

所要時間:27:55 – 20:45 = 7:10

🟣問題

シンガポール発が、10月12日23:30で、ロンドン着が、翌日の05:55となる航空便の所要時間は次のどれか。
シンガポール(対GMTは+8) ロンドン(対GMTはDST実施中+1)

a10時間25分
b13時間25分
c15時間30分
d18時間30分

●ロンドン 5:55 – 1 = 4:55 + 24:00 = 28:55

シンガポール 23:30 – 8 = 15:30

28:55 – 15:30 = 13:25

所要時間を求めるためには、2地点ともGMTに換算して、マイナスする。


計算式は、到着地GMT換算時刻 – 出発地GMT換算時刻 = 所要時間


シンガポール(対GMTは+8) 

ロンドン(対GMTはDST実施中+1)


ロンドン着:05:50 – (+1) + 24:00(翌日) = 28:55 

シンガポール発:23:30 – (+8) = 15:30

所要時間:28:55 – 15:30 = 13:25

🟣問題

大阪発が、8月8日17:25でロサンゼルスまでの所要時間10時間20分の場合、ロサンゼルスの到着日と到着時刻は次のどれか。
大阪(対GMTは+9) ロサンゼルス(米国・太平洋)(対GMTはDST実施中-7)

a8月7日 11:45
b8月8日 11:45
c8月9日 11:45

●出発時刻と所要時間から到着地の到着日・到着時刻を求める計算式は、

「出発時刻 + 所要時間 – 2地点間の時差」である。


大阪(対GMTは+9) 

ロサンゼルス(米国・太平洋)(対GMTはDST実施中-7)


計算式は、17:25 + 10:20 – ((+9) – (-7)) = 27:45 – (+16) = 11:45
 

ロサンゼルスの到着日と到着時刻は、8月8日(出発と同日)の11:45

🟣問題


ヘルシンキ発が、8月19日17:15で名古屋までの所要時間9時間40分の場合、名古屋の到着日と到着時刻は次のどれか。
ヘルシンキ(対GMTはDST実施中+3) 名古屋(対GMTは+9)

a8月18日 8:55
b8月19日 8:55
c8月20日 8:55

●出発時刻と所要時間から到着地の到着日・到着時刻を求める計算式は、


「出発時刻 + 所要時間 – 2地点間の時差」である。


ヘルシンキ(対GMTはDST実施中+3) 

名古屋(対GMTは+9)
 

計算式は、

17:15 + 09:40 – ((+3) – (+9)) = 26:55 – (-6) = 32:55


名古屋の到着日と到着時刻は、計算が24時間を超えるので24:00をマイナスして翌日とする。 


8月20日(出発の翌日)の08:55 

🟣問題

ロサンゼルス(LAX)発が10月7日06:00で、フランクフルト(FRA)着が、10月8日08:35となる航空便の所要時間は次のどれか。
ロサンゼルス(対GMTはDST実施中:-7) フランクフルト(対GMTはDST実施中:+2)

a6時間25分
b10時間35分
c17時間35分
d19時間25分


●所要時間を求めるためには、2地点ともGMTに換算して、マイナスする。


計算式は、

到着地GMT換算時刻 - 出発地GMT換算時刻 = 所要時間


ロサンゼルス(対GMTはDST実施中:-7) 

フランクフルト(対GMTはDST実施中:+2)

フランクフルト着:08:35 – (+2) + 24:00(翌日) = 30:35 

ロサンゼルス発:06:00 – (-7) = 13:00

所要時間:30:35 – 13:00 = 17:35

🟣問題

ロサンゼルス(LAX)発が10月7日10:40で、カルガリー(YYC)で乗り継ぎ、フランクフルト(FRA)着が、10月8日10:55の乗継便を利用する場合、乗り継ぎに要する時間を含めないときの所要時間は次のどれか。
ロサンゼルス(対GMTはDST実施中:-7) フランクフルト(対GMTはDST実施中:+2)
カルガリー(YYC)の乗継時間:3時間17分

a 11時間15分

b 11時間58分

c 15時間15分

d 15時間58分

●所要時間を求めるためには、2地点ともGMTに換算して、マイナスする。


計算式は、

到着地GMT換算時刻 - 出発地GMT換算時刻 = 所要時間


ロサンゼルス(対GMTはDST実施中:-7) 

フランクフルト(対GMTはDST実施中:+2)


フランクフルト着:10:55 – (+2) + 24:00(翌日) = 32:55 ロサンゼルス発:10:40 – (-7) = 17:40

所要時間:32:55 – 17:40 = 15:15となるが、カルガリーでの乗り継ぎに要する時間3時間17分をマイナスする。


従って、カルガリーでの乗り継ぎに要する時間を含めないときの所要時間は、15:15 – 03:17 = 11:58

2021年版 ユーキャンの総合旅行業務取扱管理者 過去問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ) [ ユーキャン旅行業務取扱管理者試験研究会 ]

価格:2,860円
(2021/4/25 06:28時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です