一番確実な英語やり直し法 No.1

1.はじめに:

このテキストは英語の習得を目指す人、特に以下のような方たちのために書かせて頂きました。

― これまで英語の習得を目指して努力してきたが、途中で挫折してしまった。

― 英語習得のための問題集や書籍を次々と購入するが一冊もマスターしないうちにまた、新しい教材を購入してしまう。

― NHKの英語講座テキストが4月号だけ年々たまっている。

― TOEIC:700点ぐらいのレベルから伸び悩んでいる。

― 英会話学校に通学していたが「英会話に自信がある」と胸を張っていえない中途半端なレベル。

つまり、これまで英語学習を続けてきたけれども、自分の目標とするレベルに達しないうちに途中でやめてしまった人、英語の実力が伸び悩んでいる人、英語学習の根本的なやり直しをしたい方たちのために書いたテキストです。

最初に結論を書きますが、英語学習を継続させ、自分が望むレベルに達するための秘訣は、以下の3点です。

1、英語習得の為の期限付き目標設定と具体的な学習計画の立案。


2、自分に最も適した英語習得の為の方法論確立。


3、目標達成のためのモチベーション維持法とスランプ克服法確立。

 

ほとんどの方が、「なんだ、当たり前のことじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし、これらの当たり前のことを実践できないからいつまでもたっても英語を習得できないのではないでしょうか。

英語上達の方法論は巷にあふれている書籍を読めばほとんどのひとがその内容を理解できるでしょう。

こうすれば英語力は伸びるという方法論(How to do)、具体的に何をすれば英語力が伸びるか(What to do)という点においても既に多くの人が理解しているのではないでしょうか。

それでは、なぜ雨後の竹の子のように次々と新しい英語関連の書籍や教材が出版され、こうも多く書店にあふれているのでしょうか?

多少の差はあれ物事の本質は同じはずであるにもかかわらず。

それだけ英語をマスターできないひとが多いからでしょうか。

では、なぜ英語を習得できずその学習過程で挫折してしまうのでしょうか?

一般向け(その他大勢向け)の方法論は分かっていても自分に適した方法論が確立されていないのではないでしょうか?

英語習得の方法論を実行し、継続していくためのメンタル面(精神面)の管理ができていないのではないのでしょうか?

つまり自分の能力、性格、習慣、環境に適した英語習得法が確立されていない、更には目標を達成するまでのモチベーションを維持する方法論、スランプ時の対処法に問題があるのではないでしょうか? だから途中で挫折してしまうのではないのでしょうか?

英語を習得するための方法論とその方法論を実践し、モチベーションを維持していくためのメンタル面の管理は車の両輪です。

どちらがかけても車(自分自身)は目的地に向かってまっすぐ進んでいきません。

時間ばかりかかって、効率的にゴールに向かって進まないから嫌気がさして途中下車してしまう(挫折してしまう)のではないでしょうか。

つまり、NHKの英語講座テキストの4月号だけが毎年たまっていくような状態に陥るのではないでしょうか。

英語学習に限らず何事を成し得るにもメンタル面の方がより重要です。なぜなら、目標を立てて実際に行動するのは自分自身という生身の人間なのですから。

機械やコンピューターなら故障しない限り設定した指示通りに作動します。

自分自身のことを考えてみてください。

自分の指示したとおりに体と心が作動しつづけますか?

せっかく学習計画を立てたのに実行を先延ばしにしたり、なまけてしまうのは誰でしょうか。

こころざしを途中であきらめてしまうのは誰でしょうか?

いつも敵前逃亡してしまうので誰ですか? 敵は誰ですか?

 

最大の敵は自分自身です。

 

大事なことなのでもう一度いいます。 

 

自分自身の意志の弱さが最大の敵です。

 

まず主体(自分自身)の考え方、行動を変えないと同じところで同じ過ちを繰り返してしまいます。

行為の主体(自分自身)をが目的達成のための第一の重要課題です。

方法論の中身は同じでも、実際に行動する主体(自分自身)が変われば当然、得られる結果も違ってきます。

自分の考え方、行動が変わらないと新しい書籍や教材をいくら購入しても、挫折してしまい、根本的な解決法にはなりません。

 

以上のことをふまえて、このテキストでは当然やるべきことをひとつひとつ具体的にどうやって実践していくかを説明していきます。

つまり、どうやって目標を設定し、その目標を達成するためにいかにモチベーションを維持し続け、どうやって自分に最も適した英語習得の為の方法論を確立していくかを説明していきます。

それでは、読者の方がこのテキストで学んだことを実践し、英語習得の成功への道を歩まれることを願いつつ本題に入っていきます。

 


Life begins when you get out of the grandstand into the game.

「観客席から降り、ゲームに参加しなければ人生は始まらない。」 

P. L. Debevoise

 

You may never know what results come from your action. But if you do nothing, there will be no results.

「行動からどんな結果が生まれるかは誰にも分からないが、確実に言えることは、何も行動しなければ何も起こらないということだ。」 

Mohandas K. Gandhi

 

True risk comes not with action but with comfortable inaction.

「本当のリスクというものは行動を起こす事から生じるものではない。現状に満足して行動を起こさない事にこそ、真のリスクが潜んでいる。」

John F. Kennedy (アメリカ合衆国第35代大統領)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です