堀江美都子さんの歌を聴いていると涙が出てくる! 火曜版サザエさん、アクビ娘の歌、ゴレンジャー他

🟣堀江 美都子さんとは?

堀江 美都子(ほりえ みつこ)

1957年3月8日生まれ

日本の歌手、声優、女優。

本名、浅見 美都子(旧姓:堀江)。

愛称は「ミッチ」「ミッチー」。

神奈川県大和市出身。

血液型はAB型。

🟣ツィッター

https://mobile.twitter.com/micchi_mh

🟣ミュージック・モア ★アニソン女王 堀江美都子 登場!

🟣デビュー50周年記念ベストアルバム「One Girl BEST」

https://amzn.to/3sAs1CF

🟣歌手業


1969年の歌手デビュー以来、アニメソングを中心とした活動を展開し、「アニメソングの女王」あるいは「アニソン界のプリンセス」の異名をとる。

また、ささきいさお、水木一郎、大杉久美子らとともに、「アニソン四天王」と呼ばれている。

「キャンディ・キャンディ」など、ゆったりとした曲を担当することが多いが、パワフルな声量で「ふりむけばDanger!」などロック調の激しい曲や、「ペペロの冒険」などといった低音を強調した勇壮な曲も担当することがある。

海外に輸出されたアニメの主題歌を現地語吹き替えで歌っている例もある。

また、『超電磁マシーン ボルテスV』では、女性として初めてロボットアニメ主題歌のメインボーカルを務めた。

特撮業界においても、ささきいさお・水木一郎等とのデュエットながら主題歌を歌った経験がある。

1980年以降は、アルバム『IMAGE(イマージュ)』などのオリジナル曲LPレコードも複数発表している。

また、他の歌手に対して堀江が楽曲を提供したものも数曲ある。

後述の声優業も活発だったため、『愛してナイト』、『ひみつのアッコちゃん(第2期)』や『私のあしながおじさん』など、主題歌・主演の双方を担った作品も多い。

またヒルダ役で出演した『聖闘士星矢』では、担当キャラクターではない城戸沙織/アテナのテーマソング「アテナの子守唄」を歌唱している。

🟣来歴


1966年に『日清ちびっこのどじまん』に出場し準優勝。

その後、テレビ局系列の合唱団に所属していた。やがて、1969年に『紅三四郎』でコロムビアレコードよりアニメ歌手としてデビューする。

1976年に主題歌を担当した『キャンディ・キャンディ』のヒットにより、存在を広くアピールすることになる。

1979年の『花の子ルンルン』もヒットし、以降も多数の作品で主題歌や挿入歌を担当することとなった。

50歳を迎えた後も第一線で活動しており、2007年の『風の少女エミリー』では久々に主題歌を担当した。


公認ファンクラブ「トムボーイ」(tom-boy。「お転婆娘」の意)は、現在も会員募集中。


また、東京都内でボーカルスクール「堀江美都子シンガーズ・ラボ」を主宰している。


夫は、元シグナルのメンバーで、現在は堀江の個人事務所「エディット」の代表もつとめるあさみあきお。

仲人は、この2人とMBSヤングタウンでパーソナリティを共にやっていた笑福亭鶴瓶夫妻。1994年に、男児が誕生している。


かつてのアニメソングは、レコード会社では童謡などと同じ学芸部で扱われていたが、堀江が「キャンディ・キャンディ」のメガヒットを飛ばしたことを契機に、他のレコード会社でもアニメソング専門の部署を作り、プロモーションに力を入れるようになった。

そのため、堀江は日本コロムビア社内では「美空ひばりの次に偉い人」として扱われている。


堀江を一躍有名にした『キャンディ・キャンディ』の主題歌だが、ライブなどで余りにもリクエストが多かったため「お客さんが歌手としての自分よりも、この曲を聞きに来たのではないか?」と疑問を持つようになり、一時期この曲を「自分にとって最大のライバル」とみなし自ら封印していた事がある。

そのため、この曲を期待していた客がライブの途中で帰ってしまうことがあった。

その後、歌手・堀江美都子が広く認識されていると感じるようになるに連れて、次第に抵抗なくこの歌を唄えるようになったとのこと(青春ラジメニアにてコメント)。


1999年、フィリピンで『ボルテスVの歌』が大ヒット。フィリピンでのライブでは走行する道路の信号がすべて青信号になるなど、国賓並みの待遇を受けた。

🟣声優・女優業


1976年の特撮作品『宇宙鉄人キョーダイン』では女優として出演。

その後も幾つかオファーを受けたが、体力的な面で負担が大きかった為、原則として断っている。

2013年の深夜特撮ドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』において、約37年ぶりにドラマ出演をした。

1977年に全国で上演されたミュージカル『マチャアキのそんごくうの大冒険』では、三蔵法師役を演じた。

1978年には『宇宙魔神ダイケンゴー』(クレオ役)にて声優業に初挑戦し、その後青二プロダクションに所属。

こちらは本業の歌手業に次ぐ精力的な活動を見せ、『魔法少女ララベル』(ララベル役)、『ひみつのアッコちゃん(第2期)』(アッコ役)など主演作も多い。

特に世界名作劇場シリーズでは、『愛少女ポリアンナ物語』(ポリアンナ役)、『私のあしながおじさん』(ジュディ役)、『家なき子レミ』(レミ役)と、同シリーズ最多となる3度の主演歴を持つ。この為山田栄子、潘恵子らと共に、シリーズを代表する声優としてしばしば名前が挙がる。

この他にも『Dr.スランプ アラレちゃん』(オボッチャマン役)、『プロゴルファー猿』(若葉役)、『宇宙船サジタリウス』(シビップ役)などのヒットアニメに出演。かわいらしいキャラクターを主とするが、『まじかる☆タルるートくん』(座剣邪寧代役)では不良少女、『聖闘士星矢』(ヒルダ役)、『美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』(ギャラクシア役)などでは悪役を演じた。本業柄、ストーリー上で歌を歌うキャラクターに起用されることも多い。

🟣経緯


元々堀江の声優業進出は、アニメ業界が「主題歌を歌っている人物が主役やヒロインをやれば、その番組のアイドルに出来るのでは」と考えたことによるものであり、堀江は演技の基礎を全く習わないまま、業界に放り込まれる結果となった。このためデビュー作『宇宙魔神ダイケンゴー』出演時には、音響監督の本田保則から「まだ指導できるレベルにも達していない」と厳しく評価された。

これらの環境の中で、「歌手として参加し続けるのでは居心地が悪く、他とのチームワークも上手くいかない」と考えた堀江は声優業にも力を入れるようになり、声優業を楽しいと感じるようになったと語っている。

当初は主題歌を歌う作品での出演が大半だったが、徐々に歌を歌わない作品での出演も増加。堀江はこのことについて「少しは認めて頂けたのかと思い、とても嬉しかった」と語っている。特に『愛少女ポリアンナ物語』については、「自分を救ってくれた作品」と称している。

🟣エピソード


活動の中でキャラクターソングを歌うこともあり、「キャラクターの声で歌う」ことを経験したことで、本業である歌手業での幅も広がった。


『ひみつのアッコちゃん(第2期)』では、主題歌を歌うことを前提にオーディション無しでアッコ役に抜擢された。

現在でもアニソン関連のテレビ番組で同主題歌を歌う事が多く、「テクマクマヤコン テクマクマヤコン ○○になれ〜」のセリフと共に歌い出すのが通例である。


『覚悟のススメ』では、自身をモデルとしたキャラクターの掘江罪子を演じた。当初は過激な内容に難色を示していたが、原作者の山口貴由が堀江のファンクラブ会員であり、再三の熱烈なオファーの末に配役が実現。

後に山口作画の『シグルイ』にも「友情出演」という形で参加している。


近年ではあまり声優業を行っていないが、堀江本人は「機会があればやりたい」という姿勢を示している。


活動中の一時期、俳優として『クイズダービー』(TBSテレビ、ロート製薬単独提供番組)のゲスト回答者として登場したことがある。


「日清ちびっこのどじまん」司会者大村崑との久々の再会が、『オールスター家族対抗歌合戦』の決勝戦の場だった。


🟣DJ
ラジオ番組『ミッチィの独言倶楽部』(MBSラジオ)、『オー!サンデー、ミッチとアキラの底抜け日曜拳銃』(ニッポン放送)、『ラジオころちゃんパック』(AM神戸)、『ラジオアニソン女子部』(同)、『ハローこちらミッチ放送局』(CBCラジオ)、『ミッチプレゼンツ・あしたがすき』(AM岐阜ラジオ 他)などにパーソナリティーとして出演。

『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)月曜日を担当

1981年10月から1982年3月パーソナリティ:笑福亭鶴瓶、あさみあきお、堀江美都子


1982年4月から1983年3月 パーソナリティ:明石家さんま、あさみあきお、堀江美都子


午前零時台に“ドクターミッチ”がリスナーからの相談、悩みを解決するコーナーがあった。


明石家さんま、あさみあきお、堀江美都子の特別ユニット「SAM-Sing」が歌う番組用の歌があった。


1984年このラジオ番組が縁であさみあきおと結婚。番組のパーソナリティ同士の結婚は初めてだった。


現在も「アニソン女子部」の部長としてアニメソングを広めようと展開している。

🟣サザエさんのうた (歌詞付) 昔懐かしい貴重火曜版のオープニングテーマ

🟣あかるいサザエさん  堀江美都子 (歌詞付) 昔懐かしい貴重火曜版のエンディングテーマ

🟣堀江美都子 アニソンメドレー 50周年

🟣「アニメ」の発音例(1999年スタジオパーク 2/2(堀江美都子、高見知佳))

🟣ささきいさお 堀江美都子 進め!ゴレンジャー

🟣ラ・セーヌの星


🟣デビュー50周年記念ベストアルバム「One Girl BEST」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です