総合旅行業務取扱管理者試験対策! 動物・植物検閲、輸入禁止品・規制品に関する過去問 (2016年-2020年) !

🟣肉製品などのおみやげについて(手荷物、国際郵便、宅配便としての持ち込み)

https://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html

🟣2020年 過去問

日本人旅行者が帰国時に携帯して輸入する次の物品の検疫に関する記述のうち、正しいものをすべて選びなさい。


a. シンガポールで購入したランの切花は、検査証明書が添付されているものであれば、検疫を受けることなく持ち込むことができる。


b. 台湾で購入したからすみ(ボラの卵巣を塩漬けし、乾燥させたもの)は、検疫を受けることなく持ち込むことができる。


c. イタリアで購入した生ハム(豚肉を塩漬けし、乾燥させたもの)の真空パックは、検疫を受けることなく持ち込むことができる。

※※※※※※※※※※※※※※※

・ハムやベーコン、ソーセージ、ビーフジャーキーは動物検閲の対象となる。

・キャビア(チョウザメの卵)はワシントン条約で輸入禁止

・特定外来生物の(生きているものに限る)上海ガニ、カミツキガメは輸入禁止

・きのこ類(マツタケ、しいたけ、きくらげ、トリュフなど)は土が付着していなければ原則として植物検閲の対象とならない。

・からすみ、ロブスター、スモークサーモンなどの魚介類は動物検閲の対象とならない。

答え b

🟣2019年

日本人旅行者が帰国時に携帯して輸入する次の物品のうち、持ち込みを規制又は禁止されて いるものをすべて選びなさい。


a. フランスで購入したワニ革製の財布


b. インドで購入したダージリン紅茶(完全発酵した茶葉)


c. 中国で購入した生きた上海ガニ

※※※※※※※※※※※※※※※

答え a、c

🟣2018年

日本人旅行者が帰国時に携帯して輸入する次の物品のうち、持ち込みを規制又は禁止されているものをすべて選びなさい。


a. アメリカで購入したサクランボの生果実


b. ドイツで購入したフランクフルトソーセージの缶詰


c. 中国で購入した鉄観音茶の茶葉

※※※※※※※※※※※※※※※

答え a、b

🟣2017年

日本人旅行者が帰国時に携帯して輸入する次の物品のうち、持ち込みを規制又は禁止されているものをすべて選びなさい。


a. スリランカから持ち帰った紅茶


b. ロシアから持ち帰ったキャビア(チョウザメの卵を加工したもの)の瓶詰め


c. タイから持ち帰ったランの切り花

※※※※※※※※※※※※※※※

答え b、c

🟣2016年

日本人旅行者が帰国時に携帯して輸入する次の物品のうち、植物検疫の対象となるものをすべて選びなさい。


a. イギリスから持ち帰ったバラのドライフラワー


b. ハワイから持ち帰ったパイナップルの生果実


c. 韓国から持ち帰った白菜のキムチ

※※※※※※※※※※※※※※※

答え a、b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です