【タブー】奥崎謙三氏 自宅跡地 神戸市兵庫区荒田町 衝撃的なドキュメンタリー「ゆきゆきて、神軍」今村昌平 企画、原一男 監督作品!

🟣奥崎謙三氏とは?

奥崎 謙三(おくざき けんぞう)

1920年2月1日 – 2005年6月16日

日本の元・陸軍軍人(最終階級は上等兵)、バッテリー商、著述家、俳優、アナーキスト。

昭和天皇パチンコ狙撃事件、皇室ポルノビラ事件やドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』への出演で知られる。

自らを「神軍平等兵」と称していた。

1920年、兵庫県明石市大蔵町6丁目で生まれる。

本籍地は兵庫県三木市口吉川町槙。小学校を卒業後は木綿問屋の丁稚奉公に出た。

1940年、徴兵検査に甲種合格。1941年3月に岡山連隊に入営(陸軍二等兵)し、後に九江の工兵隊へ転属。

1943年1月、独立工兵第36連隊に配属され、4月に当時激戦地だったイギリス領東ニューギニアに派遣される。

部隊は敗走を重ねながら飢えとマラリアに苦しみ、千数百名のうち生き残ったのはわずか30数名だった。

奥崎は敗走の前からたびたび上官に暴行を働いて食料を奪っていたが、そのことが知れると上官の恥になるため露見しなかったという。

また、奥崎は、この敗走の過程で右手と右足に敵の銃弾を受けた結果、右手の小指を失っている。

最終階級は上等兵。1944年7月18日、西部ニューギニアのデンタにて連合軍の食料を盗んでいたところを「米兵よ、自分を撃て」の意で”GI, Come gun!”と叫び、投降。

豪州軍の捕虜となる。捕虜番号148715。

ヘイの第8捕虜収容所にて病院のコックをしていた。

1946年3月に復員。豪州当局は引揚船に生鮮野菜や肉類を大量に積み込んだものの、船内の給食は極めて悪く、船員が復員者の食料を横領しているのだとのうわさが流れた。

奥崎は噂を確かめるべく単身で船長室に乗り込み、船長に執拗な暴行を加え、腹部を携行した理髪用のハサミで刺した。

しかし、被害者であるはずの船長が横領事件の発覚を恐れ、奥崎に「事件を内聞で済ませてもらいたい」と申し出たため、このときも刑罰を受けることはなかった。

それ以降、引揚船では食べられないほどの食料が出るようになり、それまで目立たぬ存在であった奥崎はたちまち船内の英雄となる。

1947年3月、三木市の共和製作所に就職。同年5月に製作所の寮母の石地シズミと結婚。

1951年、神戸市兵庫区にサン電池工業所を開業し、バッテリー商・中古車販売・自動車修理を営む。1956年、店舗の賃貸借をめぐる金銭トラブルから不動産業者を刺殺し、傷害致死罪で懲役10年の刑に服する。

1969年、皇居の一般参賀で昭和天皇にパチンコ玉を発射し(次節参照)、暴行罪で懲役1年6か月の刑に服する。

1974年、残留日本兵救出の目的でグアムを訪問。

1976年、『宇宙人の聖書!?』を自費出版。その宣伝のため、銀座、渋谷、新宿の歩行者天国で、ポルノ写真に天皇一家の顔写真をコラージュしたビラ約3,000枚をまいた(皇室ポルノビラ事件)。

全国指名手配された直後、独立工兵36連隊の生き残りの元軍曹宅を訪れたところを埼玉県警察のパトカーに発見され、深谷警察署により逮捕、猥褻図画頒布で懲役1年2か月の刑に服する。

1977年、獄中から参院選全国区に出馬し、神軍新聞を発行した。

1980年、ふたたび参院選全国区に立候補。2度にわたり選挙広告の掲載を拒否した朝日新聞社社長・渡辺誠毅の襲撃を計画するが、年末、偶然テレビで当時の自民党最大派閥「木曜会」の忘年会のニュースを観たことから、「天皇に通ずる社会の悪因」として、目標を田中角栄に変更。

1981年、『田中角栄を殺すために記す』を自費出版。田中に対する殺人予備罪で書類送検されるが不起訴となった。その後は、自家用車2台(トヨタ・マークII・ダイハツ・ハイゼット)を使用し、街宣活動・自著の宣伝を行っていた。

1982年から記録映画『ゆきゆきて、神軍』の撮影が始まる。1983年3月、原一男監督らと西ニューギニアでロケを敢行。

同年9月にはパプアニューギニアへ単独で慰霊におもむく。同年12月に行われた衆院選で当時の兵庫1区から立候補。終戦直後に独立工兵隊第36連隊内で「戦病死」した兵士の死の真相を追ううち、元中隊長ほか3名の殺害を決意する。

元中隊長宅を訪れた際、応対に出た長男に改造拳銃を発砲し、殺人未遂罪等で懲役12年の刑に服する。広島拘置所に収監中だった1986年9月、妻を亡くす。

刑の確定後、熊本刑務所を経て1993年6月、城野医療刑務所に移監。

1997年8月、府中刑務所より満期出所。

1998年、映画『神様の愛い奴』に主演。

2005年、死去。入院していた神戸市内の病院で、死去寸前まで「馬鹿野郎」と周りに喚き散らしていたと報道されていた。

しかし、奥崎の支援者によると、入院中に「みんな、良うしてくれます。」と漏らしていたという。

奥崎の死後、程なくして自宅は解体され、現在は駐車場となっている。

原一男によると、奥崎とシズミ、奥崎の母親の眠る墓(神戸市追谷墓園内)も撤去され、跡地は更地となっている。

昭和天皇パチンコ狙撃事件

1969年1月2日、皇居で6年ぶりにおこなわれた一般参賀で、奥崎は昭和天皇に向かってパチンコ玉を発射した。

昭和天皇がバルコニーにいたところ、奥崎が15メートル先から手製のゴムパチンコでパチンコ玉3個を発射。

さらに、「ヤマザキ、天皇をピストルで撃て!」と声を挙げ、パチンコ玉をもう1個放った。

玉はいずれも昭和天皇の足元付近、バルコニーのすそかくしに当っただけだった。

奥崎は私服警官にその場で逮捕された。

公判では、性器を露出して検事に小便をかけ、判事に唾を吐きかけた。

結局、暴行罪で懲役1年6か月の判決を受けた。

当時はバルコニーに防弾ガラスが入っていなかったが、この事件を機に入れるようになった。

🟣訪問日: 2021/4/9

●バッテリー商を営んでいた奥崎謙三氏の住居地跡は、JR神戸駅から約900m、徒歩約14分にある。

🟣新開地駅から約700m、徒歩10分

2921/4/9現在の奥崎謙三氏住居地跡、駐車場となっている。兵庫区荒田町2-2-??

かつての奥崎謙三氏の住居地跡

かつての奥崎謙三氏の住居地跡。左隣は質屋、右隣は食堂だった。

かつての奥崎謙三氏住居地跡

サンバッテリー。かつての奥崎謙三氏住居地跡

サンバッテリー

↑奥崎謙三氏住居地跡は、2021/4/9現在、駐車場となっている。左隣は質屋、右隣も駐車場、その隣は神陵文庫のビル↓ 神戸市兵庫区荒田町2丁目2-14にある神陵文庫

2021/4/9撮影

2021/4/9撮影

2021/4/9撮影。奥崎謙三氏住居地跡前の有馬道を挟んだ建物

2021/4/9撮影

🟣奥崎謙三氏 政見放送

🟣奥崎謙三生誕100周年記念 夏の神軍祭り『ゆきゆきて、神軍』特別予告編

🟣奥崎謙三氏のドキュメンタリー映像

「ゆきゆきて、神軍」

●『ゆきゆきて、神軍動画URL (ニコニコ動画)

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm37657388

◼️The Emperor’s Naked Army Marches On 1987, Kazuo Hara

🟣ニコニコ動画

●神様の愛い奴・外伝『真実の予言』サンプル

https://sp.nicovideo.jp/watch/so8527639?ss_id=d6e655f4-7fd7-4579-89e1-814aa547953c&ss_pos=1&cp_in=wt_srch

🟣DVD

🟣奥崎謙三氏の衝撃的なドキュメンタリー

ゆきゆきて、神軍』(ゆきゆきて、しんぐん)は、1987年公開の日本映画。

太平洋戦争の飢餓地獄・ニューギニア戦線で生き残り、「神軍平等兵」と称して慰霊と戦争責任の追及を続けた奥崎謙三の破天荒な言動を追うドキュメンタリー。

今村昌平企画、原一男監督。日本国内外で多くの賞を受賞した。

キャッチコピーは「知らぬ存ぜぬは許しません」。

●あらすじ

奥崎謙三は、第二次大戦中、召集され、日本軍の独立工兵隊第36連隊の一兵士として、激戦地ニューギニアへ派遣されていた元日本兵。

ジャングルの極限状態のなかで生き残ったのは、同部隊1300名のうちわずか100名。かつて自らが所属した第36連隊のウェワク残留隊で、隊長による部下射殺事件があったことを知り、殺害された二人の兵士の親族とともに、処刑に関与したとされる元隊員たちを訪ねて真相を追い求める。

すると、生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる。元隊員たちは容易に口を開かなかったが、奥崎は時に暴力をふるいながら証言を引き出し、ある元上官が処刑命令を下したと結論づける。

奥崎は元上官宅に改造拳銃を持って押しかけ、たまたま応対に出た元上官の息子に向け発砲し、殺人未遂罪などで逮捕され、懲役12年の実刑判決を受ける。

その後は神戸市で妻とバッテリー商を営みながら、天皇の戦争責任を訴え、2005年に亡くなるまでアナーキストとして活動した。

🟣ちなみに新開地駅から水木しげるさんのペンネームの由来となった水木通り2丁目2で水木さんは、水木荘というアパートの大家をしていた。

水木湯という銭湯の右隣に水木荘があったが、今はマンションとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です