現在、提供中のサービス

作成日: 2021/3/18

◼️現在、提供中のサービスをご案内致します。

🟣海外ビジネスコンサルティング

●インバウンド対策: インバウンド対応能力強化研修の実施

・対象: インバウンド対応が必要な事業者様 (宿泊業、飲食業、小売/物販、観光案内所、交通関係業者など)

・研修内容: 訪日外国人とのコミュニケーションのポイント/コツ、現場で明日から使える英会話表現、異文化理解、食への対応などリピーターが増える対策法など、ご要望に応じカスタマイズ致します。

・観光庁主催のインバウンド対応能力強化研修 1級認定講師として、香川県内の観光協会にて研修実施実績がございます。

・全国通訳案内士 (英語)、香川せとうち地域通訳案内士 (中国語)、認定せとうち島旅ガイド、瀬戸内国際芸術祭の公式ガイドとして欧米、アジア各国の方々への通訳ガイド実績

・海外滞在歴: アメリカ2年、シンガポール2年、中国 (上海、北京、深セン) 12年。米国Southern Oregon University 経営学部にてマーケティング専攻。

🟣英語教育/グローバル人材育成

英語資格取得コーチング (3ヶ月オンラインコース)

・対象: コーチングを通して、TOEICの得点アップ、英検等の資格取得を目指したい方、海外関係部門で働く方、海外赴任を目指す方。

・受講者様と現時点の状況と目標を十分に話し合い、共有し、二人三脚で目標達成に向けて課題に取り組んでいきます。

・米国 Southern Oregon University 経営学部にてマーケティング専攻。シンガポールで2年、中国にて12年間、管理職、経営者として、人材育成経験。現在、育てた人材は、各国にてマネージャーとして活躍中。

・英語関連保有資格: 英検1級、全国通訳案内士 (英語)、TOEIC: 960点、国連英検Aクラス、工業英検2級 (成績優秀合格)、ビジネス英検A級、TOEFL (PBT): 620点、他多数

・日本最大手オンライン英会話学校、最大手英語辞書サイトにてコンテンツ講師としても活動中

🟣観光

●瀬戸内の島巡りガイド (英語、日本語対応可)

・対策: 瀬戸内の島々の歴史、地理、文化、産業、アートなどにご興味がある方

・人数: 3 〜 4人

・高松港→男木島→高松港

・高松港→女木島→高松港

・高松港→直島→高松港

・認定せとうち島旅ガイド、瀬戸内国際芸術祭の公式ガイドとして、アートと島巡りガイドの実績がございます。

・定期船のチケット等はご自身でご購入頂きます。行き先のご希望等、詳細は下記のお問合わせフォームにてご相談下さい。

🟣詳細のお問合わせフォーム

🟣自己紹介:

はじめまして!

森啓成 (モリヨシナリ)と申します。

神戸市生まれ。小、中、高校と香川県で育ちました。

香川県の田舎のほうで育ったため、高校時代は、自宅近くの高台から瀬戸内海を見つめ、あの海を渡って早く都会へ出て行きたいと考えていました。

高校卒業後は、大阪で進学し、その後、単身アメリカへ渡りました。大学卒業後は、エレクトロニクス業界で、大阪、京都、そして、シンガポール、中国へ赴任し、長きに渡り海外で働いてきました。

中国生活が12年目となる頃、このまま中国で骨を埋めるか、今後の人生の方向性について、いろいろと考えを巡らせていたときに、母校の小学校が合併して閉校となることを知りました。

この出来事をきっかけに香川県の人口減少問題、超少子高齢化、故郷の全域過疎地指定、外国人労働者受け入れなど、私が高校生の頃は想像もしなかった様々な状況を知るに至り、このままではいけないと直感し、微力ではありますが、故郷の地域活性化の一助になりたいと思うようになりました。

中国と香川を行き来しながら、自分が出来ることを模索し、まずは香川県に来る外国人観光客の方々に香川の魅力溢れる観光地、地場産業、食について、もっと知ってもらいリピーターを増やすことが観光消費による税収増につながるだろうと考えました。そして、香川県庁に全国通訳案内士 (英語)、香川せとうち地域通訳案内士 (中国語)として登録し、また試験を受け、せとうち島旅ガイドとしても認定されました。

ちょうどその頃、高松に来られた建築家の安藤忠雄さんとお会いする機会がありました。そのとき、お話しを聞かせて頂き、瀬戸内海の島々をアートを通して活性化し、島おこしをするという瀬戸内国際芸術祭のコンセプトに賛同しました。また、この芸術際を通して香川県全体の活性化に繋がると考え、瀬戸内国際芸術祭の公式ガイドとしての活動に対してモチベーションがふつふつと湧いてきました。

2019年は、一年を通して瀬戸内国際芸術祭のオフィシャルツアーガイドとして世界各国から来られた観光客の方々に瀬戸内の魅力を余すことなくアピールすることができました。

その頃、もっと活動の範囲を広げようと思い国内旅程主任者 (ツアーコンダクター)と国内旅行業務取扱管理者の国家資格を取得したのですが、2020年からのコロナ禍が長引いており、この文章を書いている2021年3月18日時点でもインバウンドは停止したままの状態です。

2020年11月のコロナ禍の中、全国通訳案内士に対して、観光庁主催のインバウンド対応能力強化研修事業の講師募集があり、1日に3回の模擬授業を行う試験に合格し、1級研修講師として認定されました。この講師認定を機会にインバウンド関連業者への研修を実施しております。

現時点においても、コロナの終息時期やインバウンド需要の回復期は見えて来ず、思い描いていた計画は頓挫し、苦しい状況にはありますが、自分の能力で、何か香川県の役に立つことを少しずつでもやっていきたいと思っています。

・「ピンチをチャンスに変える」

そして、小学生の時に、当時の坂東幸徳校長先生から教えて頂いた、ご自身の戦争体験から得られた「困っても困らない」と言う言葉。

・大学時代、薫陶を受けた恩師のモットー 「一生勉強、一生努力」

🟣男木島とは?

🟣女木島とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です