作家 安部譲二さん逝く、82歳 – ご冥福を心よりお祈り申し上げます –

2019/9/11

安部譲二さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 昨年、安部譲二さんに、メールにてJALのパーサー時代の写真の使用許可をお願いした際、快く承諾して頂きました。その節は、本当にありがとうございました。

安部譲二さんのご尊父 安部正夫さんは、日本郵船の重役で、神戸市京町にあったオリエンタルホテルの社長をされていました。当時、わたしの父はオリエンタルホテルに勤務しシェフをしていました。昭和天皇、皇族、石原裕次郎さんなど各界の著名人への料理を作り提供していたのですが、そのような関係から安部正夫さんとは交流がありました。神戸市垂水区のジェームズ山のご自宅にもよく神戸牛を届けたりしていましたが、その際、安部譲二さんにも何度かお目にかかっていました。 当時、安部譲二さんは日本航空でパーサーをしておられました。

日本航空時代の安部譲二さん。当時、安部譲二さんは、父親の安部正夫さんが社長を務めていた神戸オリエンタルホテルにも神戸市垂水区のジェームズ山のお宅にも何度も行っていたそうです。 生前、父も安部譲二さんを何度も見かけたと言っていました。 写真は、安部譲二さんから2018年12月20日付けのメールにて使用許可を頂いています。

1969年12月1日に、株式会社オリエンタルホテル 取締役社長であった安部譲二さんの父 安部正夫氏から13年間皆勤を表彰されている。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの最上階14階のバルコニーにある灯台。神戸市中央区京町の旧居留地にあった神戸オリエンタルホテルの第5代社長に就任していた日本郵船の安部正夫氏が、 「港街・神戸のシンボルに」と、 1964年(昭和39年)に日本で初めてホテルの敷地内に建つ公式灯台を設置した。この灯台は、移転され現在は、神戸メリケンパークオリエンタルホテルの最上階にある。

陛下、お味はいかがでしょう。: 「天皇の料理番」の絵日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です