HSK(中国語資格試験)対策用のおすすめ動画を集めてみた

■HSKのメリットは?


中国語学習者にとって、HSK(漢語水平考試)は、中国語検定と並んでメジャーな資格だが、HSKを取得しておくといろいろなメリットがあることも知っておきたい。

1、中国国内では2017年4月からスタートされた「外国人来華就業許可制度」のランク付け基準としてHSKが採用されている。

2、HSK6級180点以上で、通訳案内士の中国語筆記試験が免除される。

3、東京大学推薦入試学生募集要項の外国語力の証明資料欄に、英語ではTOEFL、英検。 中国語ではHSKが記述された。

4、HSKの成績証明は中国留学の際の基準や就職・転職の際にも活用される。

5、中国政府公認という信頼できる中国語検定ということで、日本国内の企業の採用条件、昇進や中国現地法人での勤務の条件などとして選ばれている。

 例: ANA(全日本空輸株式会社)、郵船ロジスティクス株式会社、日揮株式会社、トヨタ自動車株式会社中国部、株式会社三井住友銀行など

6、就職・転職の他にも、現在、私立大学を中心とした入学試験において、HSK資格取得者に対する優遇措置(合否判定考慮や出願条件など)を実施している大学・短大が増加してきている。

 

7、世界各地の漢語(中国語)学習者を奨励し、漢語および漢語文化の勉強・研究などを促進することを目的として、HSKで優秀な成績を収めた受験者を対象に、「孔子学院奨学金」のうち、「教育奨学金」が支給される。

 

 

■HSKとは?


HSK(漢語水平考試)は、中国の教育部が認定する国際的な中国語の語学検定試験であり、中国語を母語としない学習者(外国人以外に華僑や中国国内の少数民族も含む)が対象。

1984年にHSKは北京言語学院(今の北京語言大学)で開発が始められ、1992年に中国国内で正式に国家レベルのテストとして実施された。

2005年には150ヶ国以上で実施されている国際的な中国語資格に成長している。

日本国内では2012年に受験者が1万5000名を超えたことが発表された。

HSKは英語資格のTOEFLテストのように、日本国内・中国国内で教育機関や企業での国際的な中国語力の証明書として認定されている。 テストは、ヨーロッパ全体で外国語の学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドライン「CEFR」に準拠しており、世界ランクで中国語力がわかる設計となっている。

 

HSK公式サイトへ移動

 

 

 ■HSK2級対策動画(解説:英語)


Learn Chinese HSK 2 Lesson 1 | Low Intermediate Chinese Course | Speaking, Vocabulary & Grammar 1.1

 

■中国語講座(解説:日本語、中国語)


【青島日美】中国語講座 初級 第1課 母音1

【青島日美】中国語講座 中級 第1課 「動詞+得+了」の用法(1)

【青島日美】中国語講座 上級 第1課 「八大菜系」(1)

須磨みのりの中国語の文法が独学できる講座

■HSK6級対策動画(解説:中国語)


[Yoyo Ng]Chinese Test HSK6 Introduction (Chinese Subtitles)

합격이 보이는 4월 HSK 6급 독해 대비_ 짠잉강사님

[17년 11월 11일 HSK6급 시험대비] HSK 6급 독해 적중예상문제, 맛있는중국어학원

합격이 보이는 8월 HSK 6급 쓰기 대비_ 짠잉강사님

[17년 11월 11일 HSK6급 시험대비] HSK 6급 쓰기 적중예상문제, 맛있는중국어학원

JRC북스-HSK 합격전략 6급 Day-1 (쓰기1)