広東語が母語のジャッキーチェンの北京語と英語インタビュー動画を集めてみた

■ジャッキーチェンの北京語と英語インタビュー動画:


イギリス領香港ヴィクトリア・ピーク生まれのジャッキーチェン。

 

1954年4月7日生まれなので2018年5月31日現在で64歳になる。

ジャッキーの映画を初めて見たのはわたしが、小学生のころで、大阪なんばの映画館で「ドランクモンキー酔拳」が最初だったことを鮮明に記憶している。

四人囃子が歌っていた主題歌「拳法混乱(カンフージョン)」 は今聞いても名曲だ。

 

1994年に読字障害であることを告白したが、現在は克服している。

 

母語は、広東語だが、北京語、英語、韓国語に堪能で、日本語も少し話せる。

 

そんなジャッキーの北京語と英語のインタビュー動画を集めてみた。

 

Jackie Chan interview (Mandarin) 北京語インタビュー(中国語字幕)

Jackie Chan interview   中国語インタビュー

Dragon Blade – Jackie Chan  中国語と英語インタビュー

Jackie Chan (Full Interview) | Chelsea | Netflix 英語インタビュー

Jackie Chan on David Letterman  英語インタビュー番組

Jackie Chan on George Stroumboulopoulos Tonight: Extended Interview  英語インタビュー番組

 

 

■ジャッキーチェン プロフィール:


ジャッキー・チェン

繁体字: 成龍、広東語発音:センロン

英語名:Jackie Chan Kong Sang

1954年4月7日 –  (2018年5月現在、64歳)

香港出身の映画俳優

 

恵まれた身体能力を活かして、暗い復讐劇が多かったカンフー・アクション映画の世界に、ハロルド・ロイドやバスター・キートンなどのコメディ映画の要素を取り入れた、コミカルで明るい作風のカンフー映画を送り込み、一躍アジア圏で有名になる。

その後ハリウッドにも進出し数多くの映画に主役として出演。

60歳を越えた2017年現在でも自らアクションスタントをこなすことで知られる。

代表作は『プロジェクトA』など多数。

愛称は「大哥」(ダイゴー、兄貴の意)。

身長174cm。

妻は台湾の元女優ジョアン・リン。

息子は俳優のジェイシー・チャン。

 

■ブルース・リーとの逸話:

ジャッキーが無名時代、休日に一人でボウリングに行こうと道を歩いていると、偶然ブルース・リーと遭遇。二人は仲良くボウリング場へと足を運んだが、ブルース・リーはジャッキーのプレイを後ろから見るだけで「じゃ、用事があるからこれで」と言い残し帰って行ったということがあった。また撮影の合間には、彼の作品でスタントを演じていたジャッキーに対して、特に優しく接してくれていたとのこと。

 

■女性関係:

かつてジャッキー・チェンは若い頃、テレサ・テンと恋愛をしていた。しかし、価値観の違いや仕事の忙しさなどが原因で2人は別れることになる。

その後、ジャッキーは台湾女優の林鳳嬌(ジョアン・リン)と結婚。テレサは1995年に気管支喘息の発作のため亡くなった。テレサの死後も、ジャッキーの彼女に対する思いと悲しみは消えることなく、ジャッキーの第2弾レコードには、テレサとのデュエット曲を収録した。

自伝『愛してポーポー』では、一時期ギャンブル中毒で身を持ち崩し、婚姻を解消したことを告白している。

1999年に香港女優の呉綺莉(エレイン・ン)との間に娘の呉卓林(エッタ・ン)が生まれており、この騒動の時「世界中の男性が誰でも犯す過ちを犯してしまった」と語ったことが話題になった。

 

永遠の少年―――ジャッキー・チェン自伝

中古価格
¥1,706から
(2018/9/12 22:20時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です